人材会社出身者が書く転職・就職ブログ

人材会社出身の私が転職についてのあれこれを書きます。転職は人生を大きく左右する決断です。このブログが皆様の手助けになれば幸いです。

鬱になってまで会社に行く必要があるのか

f:id:yusaku9734:20190825054505j:plain

こんにちは。

また更新サボりがちになっているのでここらで気合い入れます。

今回のテーマは「鬱」です。転職にも関係してきます。
社会人になると鬱になる人が激増します。
私の周りでも学生の頃は、はしゃいで場を多いに盛り上げるタイプの人間が社会人になって1年が経過したあたりに鬱になって会社を休んでいる、なんてことがザラにありました。私も鬱までは行きませんが、営業時代は会社の最寄駅に着くと体がだるくなり、胃がキリキリ痛む現象に悩まされていました。
もう疲弊しきっていて、土日も遊ぶ気になれず、部屋で寝れるだけ寝ていました。

そこで今回の本題「鬱になってまで会社に行く必要があるのか」
まあ、私個人的な意見としては行く必要は無いと思う。
他にも自分に合った会社があるはずだ。と軽く言っているが、自分に合う会社なんてそうそう見つからないのも事実なのでここが難しい。

1つ思うのは、ある程度給与の高い会社はそれなりに働かなければならないので、しんどいと思う。やっぱり周りで高給取りの奴は、ずっと仕事してる気がするのだ。
なので、あなたがお金も欲しくて、休みも欲しい!なんて両方を手に入れるのは虫が良すぎるのかもしれない。バランスを自分で調整できなければ、仕事が変わったって、また「鬱」になる。


私の場合は、どうかと言うと、「ある程度のお金とある程度の自由」がモットー。ある程度のお金と言うのは、年収で言うと約350万。ある程度の自由と言うのは、朝遅くから19時くらいまで働いて、その他はプライベートの時間といった具合だ。私は、朝目覚ましで起きるのと満員電車が大嫌いなのだ。なので、朝遅くからの出社は最高だ。お陰様で今はノンストレスなので、鬱になることなんて無い。仕事内容も楽しいし、環境にも運よく恵まれた。

年収800万あげるからまた新卒の営業に戻ってくれと言われても100%断る。お金への執着が無いのだ。

ってなことで鬱になってでもお金が欲しいのなら、何も言わないが、そんなに自分を虐めないで欲しい。本当にどうにもならないのなら、生活保護や実家に頼ることも検討しても良いと感じる。ヘンなプライドが邪魔して、身体を蝕むよりよっぽどマシだ。

学生の皆様のほとんどは自分は鬱になんてならないと思っていることだろう、そんなことは無い。簡単に鬱になる。毎日、仕事のことしか考えれない。それを考えることが苦痛。他に何もやる気が起きない。こんなループが身に降りかかったら非常に危ないのでSOSを出した方が良い。

健康第一なのだ。鬱はかっこ悪いことではない。

給与について(額面と手取りの違い)知っておこう

f:id:yusaku9734:20190822014431j:plain

ども、少し更新が空いてしまいました。すみません。

本日は給与についての話です。細かく言うと、額面と手取りについての説明です。
この額面と手取りですが、社会人になっても額面の金額から何が引かれて、手取りの金額になっているのか、わかっていない人が結構多いんです。と言うのも、気にするのは金額だけで、引かれてる内容なんて見ないわけです。会社に雇用されていると全部その辺のことは人事や経理の方々があなたの代わりに処理してくれますので、全く気にする機会がないのでしょうがないのですが・・・。

まあ、でもこれ知っとくだけでも、「求人に書かれているこの給与は、額面ですか?手取りですか?」なんて質問もできますので、転職する上でも知っておいて損はないです。

さて、あなたが新卒で会社に入り、初任給をもらうタイミングになったと仮定しましょう。今の時代は、ほとんどの会社が給与明細を紙ではなく、WEBで閲覧できるような形にしています。なので、ID/PWを支給され、ログインして明細を確認します。
明細にはごちゃごちゃ書いてありますが、覚えておいていただきたいのは、
・住民税
雇用保険
・厚生年金
・健康保険
所得税

この5つの項目です。これらが引かれてない状態が「額面」、引かれたものが「手取り」になります。結構引かれます。
これらの金額の計算式があるっちゃあるのですが、かなりややこしいのでもし気になる方はご自身で調べてみてください。
年金だけはどれだけ稼ごうが月16000円程度です。その他は所得が高くなればその分払わなければならないので、稼げば稼ぐほど税金も上がっていくのが今の日本の仕組みです。
で、手取りがどれくらいになるかと言うと、額面の約80%です。
もし、月の額面給与が100万の場合は、手取り80万ということになります。
おおよそですけどね。
これらの5つの項目は正社員と雇用されている限りは確実に引かれますし、金額を調整することも不可能です。諦めてください 笑

でも、例えば、健康保険を払わなければ、病院に行った際に自己負担10割になってしまいますし、雇用保険に入っていなければ、万が一、自分の身に何かが起きて働けなくなった際にその期間、完全にお金が入らなくなってしまいます。

なので、我慢してください 笑

もし、払うのが嫌!と言う方は会社に雇用されず、独立するしか方法はありません。
しかし、独立したら今まで会社がうやってくれていた確定申告を自分でしなければなりませんので、かなり手間は増えてしまいますが・・・

今後友達との飲み会で「俺、月々35万もらってる」という人がいれば、それ手取り?額面?と聞いてみてください。手取りで35万だったら、まあまあ給料もらってると思いますよ。

意外と悩む人が多い「退職の仕方」について

f:id:yusaku9734:20190729032303j:plain

誰もが人生で1度は経験するであろう、「退職」。この退職の仕方が意外と難しい。アルバイトなら飛んでそのままフェードアウトしてもいいが、確実に印象は悪い。バイト先なら今後関わることもないし、印象なんてどうでもいいかもしれないが、何年か仕事を続けてきて多少なりともお世話になり、今後も繋がる可能性を否定できない社会人の退職はそうはいかない。
退職代行サービスなんてものがあるくらいだ。興味のある方は、1度調べてみるといいと思う。
まずはリアルな退職を知ってもらう為に、私の退職経験をお話しする。
新卒で入社した会社の風潮や体制に疑問を持った私は、退職を考えていた。ただ、「会社の風潮や体制に疑問を持った」という理由だけでは上司を説得する材料としては非常に少ないと感じたのだ。もし「じゃあ、ここの部分は近々改善するからもう少し待ってくれないか」などと切り返された際には、言葉に詰まってしまう。なので、もう退職せざるおえない設定を作り出すことにした。「知り合いのITの会社にすでに行くことが確定している。入社時期は約1ヶ月とすでに言い伝え済み」だということにした。実際には何も決めてなかったが、せざるおえない状況を作る為にそうした。そのまで決めて、上司に「仕事のことで相談にのって欲しい」という口実を作り、会議室に呼び出した。そこで、会社辞めたいということと、上記の理由を話した。円満退社したかったので、会社の不満や愚痴はとくに言わず、知りたいの会社に行くことが決まっていることを強調して話した。まあ、上司はとりあえずは止めてきた。まあ、しかし、若干諦めの色も見えており、「もう決まっているんだろ?」と聞いてきたので「はい」と答えた。「もう少しいてくれないか:と言われたので、「わかりました。次の会社には1ヶ月後に入社すると伝えているのですが、それは交渉して、●●のプロジェクトは自分が責任者なのでそこまではやりきる形ではいかがでしょうか?」と打診した。上司もここが妥協点と感じたのだろう、「わかった」と思ったよりスムーズに直属の上司という第一関門はクリアした。次に部長クラスの人間との面談だ。ただ、ここまでくると部長も無理やり止めてはこない。「もう決めてるんだろ?わかった、最後まで頑張ってくれ」的な言葉を言われた気がする。社長との面談は特になく、上司と部長の面談で退職が完全に確定した。
と、私の退職交渉はこんな形だった。ほとんどどの会社も変わらないのではないか。
参考になる部分があれば、どうぞ、ご勝手にお使いください。

これは補足だが、退職の時期によってはボーナスがもらえるか否かが変わってくる。どうせなら、ボーナスもらって辞めたいですよね?なので、ボーナスの振込日時を確実に把握し、その後に交渉するのが辞めた後のお金の余裕もできるのでおすすめです!


 

【採用企業向け】優秀な人材を採用したい!何からすればいいの?

f:id:yusaku9734:20190717052458j:plain

ども、本日は転職者や就活生向けではなく人材を採用した企業向けになります。
ただ、企業側の視点を知ることは、転職や就職をする際に役立つ情報もあるので、是非、ご覧いただきたい。

どこの企業も新卒採用/中途採用問わず、「優秀な人材が欲しい」と口を揃えて言う。
全企業でそれを叶えるのは無理だ。そりゃそうだろ。

まずは、新卒採用から話していこう。

新卒採用において優秀な学生とは何なのかを定義するのは難しいが、とりあえずある程度良い大学に行っていて、学生時代に何か打ち込んだことがある学生としよう。
まず、規模の小さい企業がこのような学生を採用するのは極めて難しい。第一希望になることはほぼなく、何社か落ちた際のキープだろう。「大企業病」という言葉が年々勢力を薄めてはいるが私から見るにまだ根強い。要は、学生の多くは未だ、「とりあえず、大企業」と考えている。私がお手伝いしている会社の優秀だと感じたインターン生はもれなく全員、大企業に行った。最初は、そうなのだ。企業が就活生を学歴で見るように、就活生は企業を規模でしか計れない。だから、規模の小さい企業は新卒採用を本腰入れてやらないのだ。お金かけても良い人材取れないから。創業5年とか経過したら新卒採用考えても良いタイミングなのではないだろうか。大企業は適当にしてても死ぬほど応募くるので、何も問題はない。その中から自社にマッチする人材を見分ける目を養っていくだけだ。大企業であれば、インターンを募集すれば何名かは必ず優秀な学生も混じっているのでそこからピックアップして採用してしまうのも良し。

次に中途採用

小さい企業はこの中途採用が主戦場になる。社会人経験をある程度積むと、「大企業=良い」という考えは崩れているはずだ。規模で企業を判断する人は格段に少なくなっているだろう。中途採用において、最も良法なのは、「社員紹介」だ。要は、自社の社員に知人を紹介してもらい、会社に入ってもらうということだ。優秀な人材を通常の採用方法で獲得しようとすると100万はくだらない。なので、この社員紹介をするのであれば、紹介してくれた自社の社員に紹介お礼料として、インセンティブを渡すべきだ。いくらが妥当かは個々の判断にお任せするが、今までお手伝いした会社では、20万〜30万が多かった気がする。30万?高くない?という声が聞こえてきそうだが、であれば、通常の中途採用をやってみるといい、お金も時間も人もかなり消費するので、30万の見え方が変わってくるだろう。社員紹介が難しい場合は、通常の手法ということになるのだが、最初は採用費も積極的には出せないだろうから、wantedly(

Wantedly(ウォンテッドリー)「はたらく」を面白くするビジネスSNS)

などの比較的ベンチャー企業ベンチャーに興味がある人を繋ぐようなサイトを使ってみてはいかがだろうか?月3万程度で求人が出せるし、優秀な人材も紛れている。
採用費が確保できるという方は、人材紹介(

www.jobchangegogo.com

)をおすすめする。平均採用費は100万/1人。ただ、優秀な転職者の多くは、この人材紹介サービスを利用するので、費用は高いが1番確実性は高い。

ざっとこんな感じだ。手法の話に寄ってしまったが、手法以外に大事なこととして、
・魅力的なサービスをしている
・ある程度の福利厚生
・獲得したい人材と同年代の人間が何名か働いている
・ある程度の収益力

などを整えていくことも必要だ。まあ、これらは時間がかかるので困難ちゃ困難だが、これらを上げていかないと応募も来ないので、コツコツやっていくことですかね。

 

内定って何?本採用って何?就活する際に知ってて損ない情報

f:id:yusaku9734:20190714043434j:plain

ども、本日は就活する際に知っておいて欲しいことについてお話します。
ズバリ「内定」「本採用」について。

就活用語で「内定」「本採用」って言葉(地域や企業によって多少言い方に差はあるが)
をよく耳にすると思います。これについて既に理解している方も多いかもしれませんが、ご説明するよ。

内定・・・企業側から貴方に入社する資格を与えられる。基本的には電話で伝えられることが多い。「おめでとうございます。弊社で審議を重ねた結果、是非一緒に働きたい。と言う結論に至りました。」的な言葉だ。ちなみに落選の場合は、期日までに連絡がないか、「お祈りメール」とやらが届くかのどちらかが一般的だ。この時点では、ただの口約束なので書面上でのやり取りはない。ただ、この時点でほぼ100%希望すればその企業に行ける。勿論、いくつも内定を貰う場合があれば、その中から1つを選び、他は断らなければならない。内定を出された後、各企業から「本当にウチに来てくれるかどうか」の判断期日を設けられ、その期日までに判断しなければならない。「他企業の選考の兼ね合いで少し期日を後ろ倒してほしい」と思う学生もいるだろう。そのお願いが受け入れられるかは完全に各企業の判断なので聞くしかない。この返事期日が設けれらているので学生は辛い。毎回内定を貰うたびに行くか否の決断を迫られるのだ。よく就活浪人するパターンの1つに内定は3社程度もらっていたのに、1社目を断り、2社目も断り、3社目も断ってしまい、その後、第一希望の企業からは内定がもらえず、もう1年就活をする、があるので気をつけて。まあ、これは大丈夫だと思うが、内定後に何か粗相(犯罪、その他悪事)があると取り消しもありうる。

 

本採用・・・内定が出て、その会社に行きます!と返事をした後、書面でのやり取りが行われる。これが俗に言う本採用、本決定だ。書面での内容にも記載があると思うが、基本的には書面の取り交わし後は他社に浮気するのは禁止、絶対にその会社に行なければならない。ただ、ここからがグレーゾーンで実際にはこの書面取り交わし後に別会社に浮気したり、やっぱ入社直前になって行く気になれず、入社しないケースもある。よろしくないことではあるものの、法には触れないのでギリセーフちゃセーフだ。会社側からしたらたまったもんじゃないけど。笑
私の周りでも実際2~3人いた。

てなかんじで、内定と本採用、ついでに入社までの流れも説明できたのではないかと思う。これらを頭に入れて是非、充実した就活ライフに挑んでくれ!

 

人材会社にいた時に聞いた、多かった転職理由はこれだ

f:id:yusaku9734:20190710052100j:plain

ども、本日は私が人材会社にいた時、友人の相談だったり、実際に転職者の方と面談した際に多かった転職理由をご紹介していきたいと思う。

ズバリ、断トツの第1位は「人間関係」だ。

人間関係と言うと幅広いがほとんどが「上司との人間関係」だ。
全体の6~7割を占める。もし、すでに働いている人がいるのならば、職場に「自分とソリが合わない上司」「苦手な上司」が1人くらいはいるのではなかろうか。
その上司が自分と遠いポジションにいるのならば、まだマシなのだが、直属の上司だった場合、最悪なのだ。
そいつに毎日指示され、少しは抵抗もしてみるが結局は「上司と部下」の関係なので、なんだかんだ「上司」が勝つ。
もし、抵抗の度合いをめちゃくちゃ強くして、感情が爆発してかなり強めに上司に対して行動を起こした場合、会社に認められることもあるが、大抵は「明日から出社しにくくなる」のが関の山な気がする。そんなことを気にしない鋼のメンタルの持ち主であれば、話は別だが。
上司のその性格が今後、変わることなんてまずない。となれば、自分の性格を変えるか、会社を変えるかの2択になる。
そうしたら、必然的に「会社を変える」が選択されるだろう。「自分の性格を変える」を実践した人も何名かいるだろう。そうすると待ち受けているのは、鬱だ。辛くて辛くて仕方ない。学生時代、元気モリモリだった奴が鬱で仕事を休んでいるのを何人も見てきた。ウチの弟も3日間だけ鬱になって仕事を休んだらしい(余談)
たまに「人事の人柄に惹かれて入社しました」という学生がいる。
まあ、就活は人事との対面が多いし、人事と社長しか面接では会わない会社もあるので、しょうがない部分もあるが、人事なんて会社の中で1番性格がよくて、ある程度顔が可愛い奴が選出される傾向にあるので、人事に惹かれても他の社員の色は全然違うなんてことはざらにある。
話を戻そう。じゃ、「上司と関係が上手くいかない時は、どうしたらいいの?」と言われても根本的な解決はほぼない。唯一あるとすれば、異動届を出すことだ。それが通らなければ、辞めるしかないかもしれない。
人間関係はこんなもんとして、次に多い理由として、これは私の主観もがっつり入っているが、「なんとなく」だ。
私達人間は同じことをしているとそのうち飽きがくるのだ。
同期が辞める、尊敬する先輩が辞める、慣れてきて同じことの繰り返し、などの小さな理由が積み重なり、「そろそろ転職すっか!」となる 笑
今の時代、ずっと同じ会社にいる方が珍しい、といった風潮も後押ししているのかもしれない。
その他の転職理由としては、
・残業が多すぎる、さらに残業手当がつかない
・土日休みがない
・給料が少ない
・他社からの猛アプローチ(スカウト)
などが挙げられる。
もし、転職したくなったら、1度身近な転職経験者に話を聞いてみてはいかがでしょうか。

転職回数は合否に影響あるのか?

f:id:yusaku9734:20190706061530j:plain

ども、転職回数についての話をしよう。

この転職回数も転職を考えている友人からの相談で結構多い質問だ。
「転職回数って何回までならセーフ?」って感じのニュアンスの質問。
これについて今日は答えていく。

少し主観も入っているが、

5回程度であれば問題ないのではないかと私は考える。

なんなら、生涯、1度も転職しないなんて人はほぼほぼいないだろう。

2〜3回は普通である。回数もそうなのだが、もう1つポイントとなるのが、在籍期間だ。1ヶ月しか在籍せず、次の会社へ。また1ヶ月しか在籍せず、次の会社へ。となると転職回数が5回でも結構厳しいかもしれない。会社として1番困るのは手間暇とお金をかけて採用した人材が「すぐに辞めること」だ。どんなに優秀でもすぐに辞められては会社としての財産には全くならず、採用費だけが飛んでいく。ただ、優秀な人材は結構早期に辞める傾向もある。しかし、早期と言っても2〜3年は在籍しているイメージだ。稀に速攻で会社を辞めて起業して成功する化け物もいるが、あれはスペシャルエリートなのであんまり参考にしないほうがいい。

 

転職の話のついでに「第二新卒」についても述べておく。

日本は言葉作るのが好きですね、誰が作ったんだこの言葉。
第二新卒とは、「社会人になって約1年未満の人」のことを指すことが多い。絶対的な定義はないので、約2年未満と言う人もいるだろう。要は、新卒ではないけど、新卒に毛が生えたみたいなもんなので、ほぼ新卒という意味で「第二」とつけている。よく「第二新卒だと転職しやすい」と言う意見をちらほら耳にするが、第二新卒はあまり関係なく、そりゃ「年齢が若ければ若いほど転職しやすい」ので、「第二新卒が転職しやすい」と言われ出したのではないだろうか。年齢を重ねれば、その分スキルがないと転職は厳しくなってくる。なので、転職のタイミングはしっかりの見極めるべきである、タイミングを間違えると失敗したり、そのままズルズルいなくもない会社にいることになる。まあ、「正しいタイミングっていつなの?」と聞かれると私も困る。ただ、女性の結婚の目安と一緒で30歳が境目なのかもしれない。(30歳以下であれば転職しやすく、以上だとしにくい)

さて、転職回数の話から少し脱線してしまったが、回数についてはこんなところです。
そんなに気にしなくていいよってこと。