人材会社出身者が書く転職・就職ブログ

人材会社出身の私が転職についてのあれこれを書きます。転職は人生を大きく左右する決断です。このブログが皆様の手助けになれば幸いです。

働き方・雇用の多様化(正社員?契約社員?派遣?フリーランス?起業?)

f:id:yusaku9734:20190523173725j:plain

 

働き方の多様化が叫ばれる昨今。
就活で「正社員として働く」という今まで当たり前だった選択肢も変わりつつあります。
実際、私の周りの学生も「就職せず、起業します」「業務委託で働きます」「フリーランスになります」などの学生も少数ですが出てきています。卒業と同時に正社員以外の働き方を選択する人はまだ少ないものの、社会人を2~3年経験後に違う選択肢をする人も増えています。

それぞれの特徴を把握し、自分の目指すライフスタイルとどれがマッチするのかを見極める必要があります。

特徴を簡単にご紹介

正社員

いうまでもなく、1番の安定。毎月ある程度決まった給与がもらえ、基本的には勤続年数が長くなれば比例して給与も上昇。夏と冬には基本給以外にボーナスと言われる天使がお財布に舞い降ります。年金や保険料も会社の給与から勝手に会社側が計算して、天引きしてくれるので、確定申告などめんどくさいことをする必要がありません。ただし、稼げば稼ぐほど支払う税金は増えていきます!複業などが禁止の企業はこの税金の上昇を引き止める術はありません・・・(たぶん)

契約社員 

契約社員の契約内容は、会社によって異なります。時給の場合もあれば、月固定給の場合もあります。後で揉めないように、契約する際に細かく内容を確認しましょう。出勤時間や出勤回数も異なります。

派遣社員

派遣会社から派遣されて、どこかの企業で働きます。
雇用元は派遣会社になりますので、給与も派遣会社から支払いされます。
何か企業とトラブルがあれば、派遣会社が間に入って解決してくれたりサポートしてくれます。ただ、企業側からすると、派遣会社に「派遣してくれてありがとう」と言う気持ち?(表現が変な気もするが)で手数料を支払う必要があります。
あとは「派遣切り」なんて言葉が数年前流行りましたが、数ヶ月ごとに契約更新の可否が問われ、企業側から更新しないと言われたら、実質クビ。になってしまいます・・・。

業務委託

これも説明がややこしいのですが、契約社員と少し似ています。ただ、大きく異なる点として、会社に雇用されるのではなく、その会社からお仕事をもらい、個人事業主として引き受けていると行った形です。その会社に雇用されていないので、お給料は会社から支払いされますが、税金などの天引きは全くされていない状態なので、自分自身で毎月税金を支払い、年始には確定申告に行く必要があります。契約内容は、企業と個人でのすり合わせなので、個人個人で変わります。「毎週3日は出勤する」「在宅でOKだけど、10~17時で毎日働く」「お願いしたい案件があれば、その都度金額を決める」など


フリーランスもほぼこの業務委託と同じです。

 

上記の他にももしかしたら特別な雇用形態があるかもしれません。
ただ、9割はこのどれかに当てはまるかと思います。

 

あなたはどれを選択しますか?
ちなみに僕は正社員と業務委託を経験済です。

 

 

 

世の中に溢れる転職サービス (人材紹介編)

f:id:yusaku9734:20190521144726j:plain

以前、世の中に溢れる転職サービス (求人サイト編)をやりましたので、人材紹介編も書いていきたいと思います。

転職サービス(転職手段)については、

世の中にある転職の手段を洗い出してみた - 人材会社出身者が書く転職・就職ブログ

にまとめていますので、人材サービスの全体を把握したい方は、まずはそちらをお読みになってからコチラの記事を読んだ方が頭に入ってきやすいかと思います。

人材紹介とは?

人材紹介会社の人が企業と転職者の間に入って、転職のお手伝いをしてくれます。
具体的にやってくれることとしては、
・おすすめ企業の紹介
・面接のコツ伝授
・履歴書の添削
・面接日の設定

などです。

メリットとデメリット

メリット

・自分で企業を探す手間が省ける
・プロ目線で企業を紹介してもらえる
・自分を分析してもらえる

デメリット

・企業からすると、紹介手数料を取られるので、採用のハードルが上がる
・自分ではなく、他人目線での紹介になる
・優秀な人材であればあるほど、人材会社から電話やメールめっちゃくるw

補足

おそらく、「企業からすると、紹介手数料を取られるのでハードルが上がる」が少し解釈難しい気がするので、噛み砕いて説明します。
株式会社Aという企業があるとしましょう。株式会社Aはとある人材会社に「いい人いたら採用したいから、紹介してよ〜」とお願いしています。人材会社は転職希望者のリストを眺め、「この人なら合いそうだ!」と転職希望者に株式会社Aをおすすめ企業として勧めます。もし、転職希望者がトントン拍子で面接に受かり、晴れて株式会社Aに採用されると、株式会社Aは人材会社に紹介手数料として、 転職者の年収の約30%を支払う必要があります。1人採用するのに結構高額なので、採用に慎重にならざるを得ないです。

人材紹介会社も無数にある

求人サービスと同様、人材紹介会社も無数にあります。
求人サービスをしているほとんどの人材会社は人材紹介も併用でやっていることが多いので、求人サービスと人材紹介、両方使ってみるのもアリです。

人材紹介の仕組みを理解した上でサービスを受けよう

ざっと人材紹介についてまとめましたがいかがでしたか?
メリットデメリットそれぞれを理解した上でサービスを受けないと自分の納得いく方向に進まない可能性もあるので、今回の部分を頭の片隅に入れておいてください。

 

 

 

 

世の中にある転職の手段を洗い出してみた

f:id:yusaku9734:20190521124658j:plain

さて、今日は転職の手段についてです。

人材会社にいてよかったな、と思うことは世の中には溢れるほど転職サービスがあって、そのサービスについての情報を得れたことです。
なんで、世の中に転職サービスが溢れているか、その理由はそうです。

転職者が増加していて、儲かるからです。

人材業界は毎年、前年比110%位で伸びてるんじゃないでしょうか。
(正確な数値は調べてくださいな)
どんだけ後から参入してもまだまだ儲けるチャンスがあるくらい人材業界(転職領域)は伸びています。
実際、周りの友人を見たときに大体転職してるでしょ?そゆことよ。
ここで少し就活の話をぶっ込むけれども、この転職の多さから分かるように就活で説明会行きまくって、何回も自己分析して、やっとこさ入った1社目がマッチングしていないってこと。みんな、転職してるじゃん。だから、自分に合う企業を就活で探すことはスーパーむずいってことを今一度伝えたい。まあ、そもそもずっと働く気で入社してないって人が多数だとは思うけれど。

んで、転職の手段

・求人サイト
・人材紹介
ヘッドハンティング
・転職イベント
・HPからの直接応募
・知人からの紹介
フリーランス、派遣、アルバイト系は今回は省きます。

 

こんなもんかな。8割の人は、
・求人サイト
・人材紹介
ヘッドハンティング
・転職イベント

このどれかでしょう。

求人サイト▶︎WEBに求人のってるでしょ?それ全部、どこかの人材会社運営してる求人サイトです。人材が欲しい会社が人材会社にお金払って自分の会社の求人情報をのせています。会員登録して、もし応募したい企業があれば、応募ボタンを押して、履歴書送る、みたいな流れ。

人材紹介▶︎こいつが結構厄介で、求人サイトとはちょっと違う。直接、WEBから行きたい企業に応募するんじゃなくて、一旦、人材会社のキャリアコンサルタントなる人と面談をし、その面談を通して、いくつか企業をピックアップしてもらい、その中から行きたい企業があれば、受けるって流れ。「人材紹介」などで検索かければ「1度、面談にきませんか?」みたいなキャッチフレーズの人材紹介サイトがいくつか引っかかると思うので、そこから面談希望のフォームを送る。正直、紹介してもらえる企業はスキルや経歴によって全然違う。いっぱい紹介がもらえる人もいれば、全然・・・なんて人もいる。

ヘッドハンティング▶︎こいつもちょっと説明が厄介で、人材ヘッドハンターなる職業がこの世の中には存在する。なんなら、ヘッドハンティング会社もある。彼らは、いい人材がいれば、直接話すなり、SNSで繋がるなどして、1度話をする機会を設ける。それで、いくつか企業を紹介してくれるのだ。言い換えれば、人材紹介の位が高いバージョンだ。もう少し、わかりやすく言うと、スカウトマンだ。芸能界や野球のスカウトマンをイメージして欲しい。会社である程度の役職についたり、若いけれど、能力があったりすると、ヘッドハンティング会社の目に留まり、1度お会いできませんか?みたいな流れになる。一旦、深くは掘り下げない。自分が能力が高くて、ヘッドハンティングされる人材だと思えば、ヘッドハンティング会社に登録申請もできたと思うので、お試しあれ。

 

転職イベント▶︎就活の合同説明会の転職バージョンだ。就活のイベントと比べると来場する人数も少ないので、割と1社1社話はできるかと思う。

 

さて、ここまで紹介してきたところで

何が1番いいの?

ってことだよね。

私は、知人紹介をおすすめする。

信頼できる知人に限るが。自分が信頼を寄せている知人、自分と波長の合う知人が勤めている会社や紹介してくれる会社であれば割とマッチング度は高いと感じる。小さい会社のほとんどが知人紹介での入社だ。求人をWEBに出したり、人材紹介を利用すると結構なお金がかかるから、創業したてはなかなか人材獲得にお金をかけれないからね。

 

その次は、

人材紹介

まあ、とりあえず、面談してもらうのは無料だし、行ってみて損はないかと。
ただ、あなたが貴重な人材の場合、頻繁に電話がかかってくるからそれは覚悟しといて。嫌な人もメールでのやり取り希望とでも言っておいたらいいのでは。

 

能力のある人は、

直接応募

直接応募だと、採用する会社側からしても一切採用費がかからないので嬉しいのである。ただ、今の時代で直接応募する人はかなり僅かだと思う。そのためか、HPの採用フォームを全然みてなかったり、そもそも作成していなかったり、採用は●●(人材会社)のサイトからお願いします。ってケースも結構あるので、その辺はご了承ください。
でも、やる気あるな〜!本当に興味があるんだ!と思われるので悪くない方法なのではないか。

 

こんなもんにしておきましょう。
また、何かあれば追記します。

 

 

 

 

 

 

 

 

【就活生向け】「就職活動の軸」に悩まされてる人へ

f:id:yusaku9734:20190521130551j:plain

 

先に言っておくが、模範回答はない。
読んで、また悩んでくださいませ 笑
だって未だに軸ってよくわかんないんだもん

この世の中は「軸軸軸軸軸」うるさいよね。

「人生の軸は?」

「就活の軸は?」

「地球の回転軸は?」

なんて言葉を何回聞いたことか。
他人の軸を知りたい人が多すぎること山の如し。
ってことで「就活の軸」についてお話ししようと思う。
大抵、面接に行けば、この軸について聞かれるのではなかろうか。

軸なんてねぇーよ

私からすると、「就活の軸」なんてほとんどの奴がなくて、面接に受かるためにとってつけて言い回しを華麗に仕上げて出来上がった紛い物の気がするが。
ほんで、就活当初と終盤では、考え方や見方も変わってくるので、軸がブレてくるだよね。だから、就活当初に聞く軸なんてもんは、あってないようなものである。

なので、人事の皆さまもテンプレのように「軸は?」って聞いちゃうと思うんだけど、果たして聞いたとこで意味あんのかな、と思う一方、とりあえず聞いとかなきゃ、という気持ちも分からなくはない。

でも、聞いちゃう

就活生と話す機会も多いのだが、ついつい「なんか軸とかあるの?」って聞いている自分がいるからだ。いや、ないに決まってるんだよ。でも、すまん、聞いてしまうんだ。
人事も人事なりにとりあえずテンプレから攻めて、何か引き出せそうとしているのだ。

軸ベスト3

まあ、軸になりうるベスト3は、
・自己成長できる
・年齢関係なく評価してくれる
・仕事の幅が広い
この辺りではなかろうか。
私も確かこれに近い何かでそれを自分なりに適当に味付けして喋った気がする。
上記のどの軸も薄っぺらいし、ほとんどの会社が「ウチならできる」と言うだろう。ほとんどの会社ができると言うことはどの会社にも当てはまるということ。
何も絞れてないので、軸でもなんでもなくなってしまう。

じゃ、いっそ、業界をきめて、そこに理由づけをするのはどうだろうか。
そうすれば、結構な数の企業をバッサリ切ることができる。まあ、それなりの理由が必要なのだが。まあ、現代のITベンチャーなんかは業界なんて関係なく色んな事業してるから、業界で絞るなんてことも難しくなってきているのかもしれないが。

私もつらつら偉そうに書いているが正解はよくわからない。
何か過去の自分の体験から紐づけてオリジナリィーとやらを出さないといけないのだろう。が、そんな素晴らしい経験を持っている奴なんてほんの一握りだしね。

未だに不明

ってことで社会人になって結構経過した私でもよくわからないのだ。
就活生には難題であろう。
過去の自分や将来像など色んな要素から自分なりの軸とやらを作成してください。
ちなみに私が今「人生の軸は?」と聞かれたら、軸じゃないかもしれないが、「目覚まし時計をセットして無理矢理起きなくていい生活」とか答えるかも。面接で答えたら、そう、100%不合格だ。ただ、結構本音だったりする。

人事のみなさまへ

就活初期にあんまり「軸は?」と聞いてあげないで 笑
まあ、聞いちゃうんだけどね 笑

 

 

 

 

【大学生向け】就職活動する前に覚えておいて欲しいこと

f:id:yusaku9734:20190521130818j:plain

 

転職だけではなく、就職活動についても書きますね。

就職活動において大事なこと

大学生のほとんどは就職活動をすることでしょう。
ということで就職活動において覚えておいて欲しいことをお伝えします。

普通に落ちるからそんな落ち込まない

優秀な学生でも志望した企業に落ちます。
そんで、就職活動で迷路にハマる理由として、大きいのが「落ちた理由がわからない」ですよ。教えてくれないんです。
面接態度?学歴?顔?このあたりが全くわからないので、次に生かす作業ができないんですよ。だから、気持ち切り替えて、次の企業受けてください。

合同説明会は浅く広い

合同説明会ってものがあるんですよ。
でっかいイベントホールで約100社がブースを構えているので、
それを見て回ることができます。
合同説明会って、めちゃくちゃな数の学生を企業側も相手しないといけないんですよ。
なので、特定の学生と親密になることはほぼ不可能です。笑
本当に就職活動において「右も左もわからない」人は行ったらいいと思いますが、大抵1時間程度飽きます。笑
人がいすぎて気持ち悪いんですよ。笑

本当に行きたい会社があればインターンする

行きたい会社があれば、インターンに行きましょう。
通常のステップとは違うインターン専用の特別なルートを用意している会社も多数あります。会社側も面接しただけでは、その人の本質を見抜くことなんてはっきり言って無理です。でも、インターンして一緒に数ヶ月働けば、なんとなく人柄が見えてきます。
それで、その学生がいいと思えば、1から面接する手間も省けるので、確実に特別な待遇があります。学生のみなさんだって、企業側の視点になって考えて見てください。企業側も出来るだけ楽して効率よく採用したんですよ。何万にも面接してられないですよ。

人事はみんないいこと言う

大抵の人事はいいこと言いますので、あんまり鵜呑みにしないようにしましょう。
人事も学生も「●●名採用する」というノルマが課せられているケースも大企業では結構あります。なので、そのノルマの達成が厳しい時は、なんとかその学生を採用しようと、少し盛った話をすることもあるかもしれません。全員がそうとは言いませんが・・・。まあ、いるでしょう。

自分の行きたい会社なんて簡単には見つからない

行きたい会社が見つからない!と悩んでいる学生をよく見かけますが、就職活動してる学生の大半がそうですよ。だから、そんなに心配しないで。
んで、大抵、最後まで見つからないよ。どっかで自分を納得させて就職活動終了ってケースがほとんどでしょう。「やった!本当に行きたい会社を見つけれた、しかも採用された」なーんて奴も入社して辞めるケースはザラにあるので。
それほど、マッチした会社を見つけるのは難しいのです。

何社くらい受ければいいの?

自分で決めてください!
これくらい自分で決めれないと社会人やっていけないです。笑
平均は10社程度でしょうか。
少しでも受けたい企業はとりあえずエントリーしておいたらいいのでは?
意外となあなあに就活して、就活浪人する学生もいますので、どうせなら、1回で終わらせましょう。

内定が何個もでた場合どうすればいいの?

内定した企業から○○日までに返事が欲しいと言われるので、それまでに返事をします。
あなたがある程度優秀な人材であれば、ゴネれば1週間程度は延ばしてくれるかもしれません。たまに「内定5つとった〜!」と声をあげている学生がいますが、その学生も結局は、5つの中から選ぶというよりは、受かる度にその企業に行くかどうか取捨選択を迫られます。内定を何個もストックするのは、難しいのです。

禁じ手:入社辞退

この手はかなりグレーゾーンなのですが、内定ももらい、その企業に行くと誓約書も書いた後に入社辞退を申し入れ、別の会社に行きます。
内定出していた企業からすれば、たまらなく非常事態なのですが、実際、僕の周りにもちょいちょいこの禁じ手使う奴はいました。笑
怒られるかもしれませんが、本当に別の会社に行きたくなったのであれば、最終手段として頭の片隅に入れておいてください。

 

今日はこんなもんで、何か思いつけば追記します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世に溢れる中途採用向けサービス(求人サイト編)

f:id:yusaku9734:20190522041041j:plain

 

現在、世の中には、膨大な数の中途向けのサービスがあります。

そのサービスはいくつかに細分化できるのですが、今回は「求人サイト」に焦点を当ててお話ししていこうと思います。

「求人サイト」=「求人広告」を指します。

どっちが馴染みがあるのでしょうか。今回は、「求人サイト」で統一しますね。
求人サイトってめちゃくちゃな数あるんですよ。ざっと200くらいはあるんじゃないですか。
人材会社に勤めていたので、どのサイトがどんな特徴をもっているかある程度把握できますが、全部を把握して、使い分けるのは、至難の技です。
私が知らない求人サイトもいっぱいあるのではないでしょうか。

求人サイトとは?

説明するまでもないかもしれませんが、WEBで「転職」と打つとサイトが色々ヒットしますよね?その サイト達のことです。基本はどのサイトも無料で使えます。有料は聞いたことないですね・・・。

総合サイトが主流だった

私が人材会社に勤めていたとき(2017年頃)は、「総合サイト」といわれるものが主流でした。
有名なのは、リクナビネクスト(【リクナビNEXT】で転職!)でしょうか。今は、大泉洋さんがCMしていると思います。大学生なら、就活の際に必ずといっていいほど使用する新卒のサービスのリクナビ中途採用verですね。どちらもリクルートが運営しています。
あとは、マイナビ転職(転職はマイナビ転職-豊富な転職情報で支援する転職サイト

)でしょうか。この2強ですね。あとは、enジャパンやdodaですね。
各サイト、著名人を使って、CMをバンバン放映している印象です。
上記に挙げたサイトは、幅広い求人がのっています。
総合サイトなので、営業、事務、マーケティング、エンジニアなど色んな職種の求人をみることができます。逆にいろいろ掲載がありすぎて、全部見切れない難点もあります。

現在は、専門サイトも出てきている

現在、総合サイトも勿論、顕在いますが、専門の求人サイトも増えています。

・エンジニア専門
・看護師専門
・薬剤師専門
など何かに特化したサイトのことです。
エンジニアやIT専門が非常に多い印象です。
もし、興味がある方は検索で「転職 ○○」と入力してみましょう。
※○○には、興味のある専門分野を入力

求人サイトの基本的な使い方

無料会員登録を済ませ、サイトサイト内にWEB履歴書がありますので、そちらで必要項目を記入しましょう。受けてみたい企業があれば、応募ボタンを押せば、その企業にあなたの履歴書の情報がいきます。
WEB履歴書情報を元に企業の採用担当者が合否をつけます。
それに合格すれば、面接やSPI(学力テスト)などその企業ごとの選考フローへと進みます。

他の企業と並行で応募しても全然かまいません。


むしろ、どんどんしてください。別に並行で受けている情報が漏れることはないので、不利になることもないですし、1企業のみの応募で受かる自信があれば、別ですが、時間がもったいないので、次々にアクションを起こしましょう。


求人の探し方


求人の探し方は人それぞれなので、お任せしますが、よく使われる代表的な機能として、「条件検索」があります。
求人サイト内についており、自分の希望する条件にチェックをつけて検索をかけ、その条件に合った企業を絞りこんでくれます。

条件例)
・土日休み
・家賃手当てあり
・女性比率50%以上

良い企業があれば、お気に入り登録機能がついているので、キープしておきましょう。
サイトによっては、条件を設定しておけば、その条件にあった企業を定期的にメールにて紹介してくれるサービスもありますので、そちらもご活用ください。

スカウトメールについて

サイトを使っていると、スカウトメールが届くことがあるかもしれません。このスカウトメールは企業様から選考にきてほしい候補者に送られるメールです。このメールが来たということは、あなたに興味があると証です。少数に限定して送っている企業もあれば、多数に大量に送っている企業もあることを頭に入れておいてください。ついでに、このメールがきたからといって合格の保証はないので、その点についてもご注意ください。

どの求人サイトがいいのか教えてくれよ

申し訳ないですが、こればかりは各々の相性ですので、ご自身で見つけるしかありません。ただ、初めは、1つのサイトだけではなく、3つほど使用して相性のいいサイトを探してみましょう。同じ条件検索しても、Aのサイトでは出てこないのに、Bのサイトでは出てくる企業もありますので。
右も左もわからない方は、とりあえず有名な総合サイトは1つ登録しておいたらいいのではないでしょうか!

 

では、こんなところでさよなら。

転職ブログはじめま〜す

はじめまして。

 

このたび、転職ブログをはじめることにしました。

人材会社で働いていたこと、そして、現在も人材会社で働く知り合いが多いので、何か手助けできるのではないか、と思い、書き始めることを決めました。

 

正直、がっちり書いていくのは、性に合いませんので、徒然なるままにその日その時に書きたいと思ったことを書きます。

少しでも参考になれば、幸いです。

私の自己紹介 

諸々書く前に先立ち、少し私のご紹介を。

大学を卒業し、某人材会社に入社、3年ほどで退職し、
現在は、IT企業で働いております。人事もたまに。
違う会社も少しだけお手伝いし、複業的なこともしております。

人材会社で働いている時と実際に企業の人事をするのは、また色々と考えを改めさせられることも多く、日々、学んでおります。

人材会社で勤めていた経験を生かし、いろんな視点から「人材」「採用」「転職」「就活」について書いていければな、と思っております。

転職と唱っていますので、基本的には中途採用についての記載が多くなるかとも思いますが、新卒採用についても触れていければな、と考えております。