トクナガの就職・転職のハナシ

元人材会社 / 現在フリーランス / 採用、動画制作、マーケティングなどをメインにしています

【就活生向け】学歴フィルターは実在するのか?

学歴フィルター大学

本日は就活生なら絶対に耳にしたことのある言葉である学歴フィルターについてお話していきたいと思います。

学歴フィルターは存在します

結論から言ってしまうと、学歴フィルターは「多少なりともあります」。
企業によっては「多少」じゃなくて「かなり」に変わるところもあるでしょう。
実際、名の知れてる会社の社員全員の学歴出したら、高学歴ばっかりですよ。
自分の周りでいい会社に入ってるやつを思い浮かべてください。学歴いいでしょ?笑

明確に測れるものが学歴のみ

学歴って誰かが見てもわかるものじゃないですか。資格みたいなもんですね。
正直、学歴でしか明確に測れるものがないので、人事もそこは最初に見ちゃいますよね。例えば、志望理由や長所・短所って人事からすれば、もう飛ばしていいくらいの項目なんですよ。だって、ほとんど皆似たようなこと書いてるし、そこ見て、合否つけるって難しすぎます。僕も人事をしたこと何度かありますが、正直、新卒採用の場合は、最初に学歴、中途採用の場合は、最初に学歴と職歴に目がいってしまいます。まあ、だからと言って、志望理由や長所・短所を短文で適当に書いていいかと言われれば違いますよ。それは確実に落ちます。笑 最低限のことは書いておきましょう。
で話を戻すと、学歴は合否つけやすいんですよ。
だって「学」があるかどうか大学名見ればすぐわかるんだもん。
学歴に関してはもう変えれないのだから、学歴に関してはスパッと諦めてください。
「学歴で判断するな!」と吠えてもしゃーないです。笑
勉強しなかった高校3年生の自分を恨んでください。

学歴で悩んだ後輩の話を少し

学歴の悩みを大学在学中に解決した話を1つ。僕の後輩で就活時に学歴で悩みたくないから、関西にある龍谷大学に入学し、在学中に必死に勉強して同志社大学の編入試験に受かり、さらに同志社大学編入後に勉強を続け、京都大学の編入試験に受かり、京都大学卒業を引っさげて就職活動に挑んだやつがいました。本当に将来見据えて行動していて素晴らしいな、思いました。周りは「大学編入とかめんどくさいし、よくやるねぇ〜」なんて言っていましたが、そいつらより随分と賢いです。実際、外資系の会社や5大商社から腐る程の内定をもらい、どこにしようかなと余裕たっぷりに選んで、結局外資系の銀行行って新卒1年目で年収1000万を手に入れていましたよ。
学歴で悩みなくない人は、大学の編入おすすめしますよ。大学によっては、一般入試より編入入試が簡単な大学もあるので、1度検討してはみてはいかがでしょうか。

もう1度言う。学歴フィルターは諦めろ

ということで、学歴フィルターはあるので、書類で落ちるのは足掻きようがないので、そこの企業はきっぱりと諦めて次に挑戦してください。もし、書類審査受かって、面接まで行けば、もう学歴フィルターは突破してるので、他の部分での勝負になります!
そこに全力を注いでください!