人材会社出身者が書く転職・就職ブログ

人材会社出身の私が転職についてのあれこれを書きます。転職は人生を大きく左右する決断です。このブログが皆様の手助けになれば幸いです。

社会人の営業職は思っているよりキツイ件

f:id:yusaku9734:20190626175010j:plain

 

ども、本日は文系男子の大半が就くであろう「営業職」についてご紹介したいと思う。
先に言っておこう。「学生が思っている数倍キツい」これは間違いない。

学生の時に営業していた人なさほど変わらないかもしれないが・・・。

客観的に自分を分析して、「メンタルが弱い」「営業はちょっと・・・」と感じる部分があるのであれば、営業職は本当におすすめしない。

前職、営業職で入社した私だったが、営業職の同期が50人ほどいたが、1年後には半分になっていた。2年後には、1/3以下だ。一応、東証1部企業の営業職ですよ?笑

まあ、これは極めて「ヤバイ!」と思う数字ではなく、業種にもよるが営業職に絞ってみれば至って少し離職率が高いな・・・程度なのかもしれない。

まあ、とにかく新卒入社の半分程度は早めに退職すると思っていた方がいい。
「いやいや、僕は私はそんなことないぜ!」と思うでしょ?そんなことあるのよ。

逆に「人に何言われても平気。全然なんとも思わない」というメンタルの持ち主は向いているかもしれない。あと、これは向いているとは異なる話だが、「顔が可愛い、綺麗」な子はそこそこ売れる。全くスキルがなくてもそこそこスキルのある男子よりは売れる。「可愛いは正義」だと社会人に入って改めて感じてしまったものだ。それでも、圧倒的なスキルの持ち主は「可愛さ」なんて屁じゃなく、さらに上のステージにいける。

せっかくなので、営業職の1日をご紹介しよう。

僕の場合は、人材会社の営業で、今から紹介するのは入社1年目〜2年の1日だ。

朝8時に満員電車にのり、押しつぶされながら、会社に到着。今日電話をするリストをひたすら印刷し、朝会終わり、9時になったら用意された子機でひたすらリストアップした企業に電話をかけ、コール結果をネット上のシステムに打ち込む。そして、また電話。打ち込む。電話。打ち込む。これの繰り返しだ。アポが取れて、営業が入ってる日は昼ごろから外出してアポ先にいく。帰社後、受注できそうなら提案書を作成する。特に見込みの企業がなければ、そこからまた電話。打ち込む。電話。打ち込む。この繰り返しだ。退社時間の平均は21時だったと思う。

ブログだから大げさに書いているんでしょ?と思われる学生の方もいるかもしれない。ただ、誇張などしていない。本当にこうなのだ。私のしていた営業が「新規営業」といって、営業の中でも断トツでキツイです。「ルート営業」といって、すでに先輩が担当している取引のある会社に担当を引き継いでもらい、既存顧客を回る営業もある。営業の種類によってだいぶキツさが異なるので、この辺りは営業する前に必ずチェックしてほしい項目だ。

とここまで書いたが、営業職についてよかったとは思う。新卒の時期に苦しいことに挑戦できたと言う意味で。今からもう1度やりたいかと言えば、速攻でNOだ。ここまで書いたが、文系男子の大半が営業やコンサルと言う職種に就いてしまうのだ。これはしょうがない。そこを経験してステップアップしてくれ!それか、マーケティングやエンジニアなどの職種も検討してみてはいかが?