人材会社出身者が書く転職・就職ブログ

元人材会社 / 現在、フリーランス / 採用、動画制作、マーケティングなどをメインにしています

人材会社出身者が語る、最も多かった転職理由はこれだ

f:id:yusaku9734:20190710052100j:plain

ども、本日は私が人材会社にいた時、友人の相談だったり、実際に転職者の方と面談した際に多かった転職理由をご紹介していきたいと思う。

断トツの第1位:「人間関係」

人間関係と言うと幅広いが、ほとんどが「直属の上司との人間関係」だ。
全体の6~7割を占める。もし、すでに働いている人がいるのならば、職場に「自分とソリが合わない上司」「苦手な上司」が1人くらいはいるのではなかろうか。
その上司が自分と遠いポジションにいるのならば、まだマシなのだが、直属の上司だった場合、最悪なのだ。
そいつに毎日指示され、少しは抵抗もしてみるが結局は「上司と部下」の関係なので、なんだかんだ「上司」が勝つ。
もし、抵抗の度合いをめちゃくちゃ強くして、感情が爆発してかなり強めに上司に対して行動を起こした場合、会社に認められることもあるが、大抵は「明日から出社しにくくなる」のが関の山な気がする。そんなことを気にしない鋼のメンタルの持ち主であれば、話は別だが。
上司のその性格が今後、変わることなんてまずありえない。となれば、自分の性格を変えるか、会社を変えるかの2択になる。

待っているのは鬱

そうしたら、必然的に「会社を変える」が選択されるだろう。「自分の性格を変える」を実践した人も何名かいるだろう。そうすると待ち受けているのは、鬱だ。辛くて辛くて仕方ない。学生時代、元気モリモリだった奴が鬱で仕事を休んでいるのを何人も見てきた。悩みなんてなさそうに生きてきたウチの弟も3日間だけ社会人になり、初めて鬱になって仕事を休んだらしい(余談)。

人事に惹かれても一緒に仕事はしない

たまに「人事の人柄に惹かれて入社しました」という学生がいる。
まあ、就活は人事との対面が多いし、人事と社長しか面接では会わない会社もあるので、しょうがない部分もあるが人事なんて会社の中で1番性格がよくて、ある程度顔が可愛い、またはかっこいい奴が選出される傾向にあるので、人事に惹かれても他の社員の色は全然違うなんてことはざらにあるので信用できない。

最終奥義「異動」

話を戻そう。じゃ、「上司と関係が上手くいかない時は、どうしたらいいの?」と言われても根本的な解決はほぼない。唯一あるとすれば、異動届を出すことだ。それが通らなければ、会社を辞めるしかない。

第2位:「なんとなく」

次に多い理由として、これは私の主観もがっつり入っているが、「なんとなく」だ。
大きな理由は特にないが、もうそろそろ辞めるか的なことだ。
私達人間は同じことをしているとそのうち飽きがくるのだ。
同期が辞める、尊敬する先輩が辞める、慣れてきて同じことの繰り返し、などの小さな理由が積み重なり、「そろそろ転職すっか!」となる 笑
今の時代、ずっと同じ会社にいる方が珍しい、といった風潮も後押ししているのかもしれない。

その他の転職理由

・残業が多すぎる、さらに残業手当がつかない
・土日休みがない
・給料が少ない
・他社からの猛アプローチ(スカウト)
などが挙げられる。


もし、転職したくなったら、1度身近な転職経験者に話を聞いてみてはいかがでしょうか。