トクナガの就職・転職のハナシ

元人材会社 / 現在フリーランス / 採用、動画制作、マーケティングなどをメインにしています

意外と悩む人が多い「退職の仕方」について

f:id:yusaku9734:20190729032303j:plain

退職の仕方に悩む人続出

誰もが人生で1度は経験するであろう「退職」。この退職の仕方が意外と難しい。アルバイトなら飛んでそのままフェードアウトしてもいいが、確実に印象は悪い。バイト先なら今後関わることもないし、印象なんてどうでもいいかもしれないが、何年か仕事を続けてきて多少なりともお世話になり、今後も繋がる可能性を否定できない社会人の退職はそうはいかない。

僕の退職経験

まずはリアルな退職を知ってもらう為に、僕の退職経験をお話しする。
新卒で入社した会社の風潮や体制に疑問を持った僕は、退職を考えていた。ただ、「会社の風潮や体制に疑問を持った」という理由だけでは上司を説得する材料としては非常に少ないと感じたのだ。もし「じゃあ、ここの部分は近々改善するからもう少し待ってくれないか」などと切り返された際には、言葉に詰まってしまう。なので、もう退職せざるおえない設定を作り出すことにした。「知り合いのITの会社にすでに行くことが確定している。入社時期は約1ヶ月とすでに言い伝え済み」だということにした。実際には何も決めてなかったが、せざるおえない状況を作る為にそうした。そのまで決めて、上司に「仕事のことで相談にのって欲しい」という口実を作り、会議室に呼び出した。そこで、会社辞めたいということと、上記の理由を話した。円満退社したかったので、会社の不満や愚痴はとくに言わず、知りたいの会社に行くことが決まっていることを強調して話した。まあ、上司はとりあえず止めてきた。まあ、しかし、若干諦めの色も見えており、「もう決まっているんだろ?」と聞いてきたので「はい」と答えた。「もう少しいてくれないか:と言われたので、「わかりました。次の会社には1ヶ月後に入社すると伝えているのですが、それは交渉して、●●のプロジェクトは自分が責任者なのでそこまではやりきる形ではいかがでしょうか?」と打診した。上司もここが妥協点と感じたのだろう、「わかった」と思ったよりスムーズに直属の上司という第一関門はクリアした。次に部長クラスの人間との面談だ。ただ、ここまでくると部長も無理やり止めてはこない。「もう決めてるんだろ?わかった、最後まで頑張ってくれ」的な言葉を言われた気がする。社長との面談は特になく、上司と部長の面談で退職が完全に確定した。と、私の退職交渉はこんな形だった。

「次が決まっている」を退職交渉時に利用しよう

退職交渉において重要なのは「次が決まっている」ことを強調することだと感じる。次が決まっていれば、引き止めるのはほぼ不可能なのだ。もしまだ決まってなくても次が決まってると言い切ってしまおう。「次どこに行くんだ?」と聞かれるかもしれないが、そんな質問答える義務は全くない。ガン無視して大丈夫だ。

これは補足だが、退職の時期によってはボーナスがもらえるか否かが変わってくる。どうせなら、ボーナスもらって辞めたいですよね?なので、ボーナスの振込日時を確実に把握し、その後に交渉するのが辞めた後のお金の余裕もできるのでおすすめです!