人材会社出身者が書く転職・就職ブログ

元人材会社 / 現在、フリーランス / 採用、動画制作、マーケティングなどをメインにしています

志望理由?そんなのねーよ【面接】

f:id:yusaku9734:20191004185809j:plain

ども、今回は就職・転職ともに共通する話題「面接」についてです。

その中でも確実に聞かれるであろう項目「弊社の志望理由はなんですか?」について、物申したいと思う今日この頃でございます。

「弊社の志望理由はなんですか?」

この質問いる?笑

というのも、第一志望でさえ、自分で納得いって選んでる人なんてあんまりいないと思うのね。とりあえずにどこかの会社に就職しないといけないし、就活期間も期限があるし決めないと!って感じが日本の就活にはある気がするのよ。だから、そんな気持ちから出てくる志望理由なんて本当の志望理由じゃない!と感じるわけです。めちゃくちゃ色付けした志望理由なわけ。その志望理由を面接で聞いてもその会社にとって何の意味もないし、お互いの時間の無駄だと思うのだが、、、。ただ、稀にその会社に絶対入りたい!なんて学生もいるのでその人にはこの話は無縁。でも、そういう学生って早期にインターン応募してその会社の手伝いをしてるような、、、。まあ、でもいるかもしれないね。そんで、まだ第一希望の会社での志望理由なら百歩譲って許せる。

ただし、第二志望の会社の志望理由なんて偽りで固められまくった理由でしょ!笑
これは本当に意味ないですよ。本当に。学生側も言ってて、「俺嘘ついてるな〜」と思ってるだろうし、会社側もよほどアホな人事じゃなければ、「こいつの理由何か嘘っぽいな〜。ウチが本志望じゃないっぽいな」ってわかると思うのよ。だから面接で志望理由聞くのは、もうやめませんか?笑 
ほな、もう正直に「その会社が第○希望か言っちゃうこと」のが良いと思うんだ。でも、これは叶わない提案なんだよね。理由は以下に続く↓

今の日本の面接事情だと、「御社は第2志望です」なんて素直に言ったら落とされる確率増えるもん。実際、私もそうだったし。(それが理由じゃなく。単純な実力不足で落ちた可能性も否めないが笑)なので、否が応でも「第1志望です!」って言っちゃうよね。この風潮どうなんかな。この風潮からもうなんか大人って嫌なんだよな。「素直が1番」じゃないのかよ。どうにかならないものかね。俺は素直に言ってくれた方がこいつは信用できると思うけどね。

んで、第3志望の会社に対しての志望理由なんてもう、、、、これはやめておこう。書くまでもない笑

ってことで面接の内容の約半分はお互いに偽り合って喋ってるような気がして、何にもお互いのことがわからず終了するという地獄のような時間だと思うわけさ。

こんなことしてるから入社直後の早期退職が増えるんじゃないのかな。
会社側、学生側にとってこれは幸せなことなのか?いや、不幸だろう。

こんな風潮で得をしているのは人材会社くらいだ。
転職が増えるからね。実際に人材業界の売り上げは毎年毎年右肩上がりなのだ。
明確な解決策は未だ見つからないままだ・・・。