人材会社出身者が書く転職・就職ブログ

元人材会社 / 現在、フリーランス / 採用、動画制作、マーケティングなどをメインにしています

大学文系卒業者の就職はこんなかんじ

f:id:yusaku9734:20191011023356j:plain

ども、今回はぼくも大学文系卒なのですが、普通の4年制大学の文系を卒業した人がどのような仕事に就くのかご紹介していきたいと思います。

これは僕の場合ですが、大学の授業が社会人になって役に立ったと感じたことは一度もありません。
これは僕が授業に意欲的でなかった点も勿論あるんですが、大抵の大学文系卒業者が僕と同じく、役に立たなかったと感じているのではないでしょうか。
僕の場合、大学の授業とは別に自分で英会話スクールに通ったり、TOEICの勉強をしたりと英語学習にに励んでいました。
その英語学習のほうがよっぽど社会人になってから役に立っています。
最近、忘れかけているでオンライン英会話でも始めようかなと考えています。

話を戻しまして、文系の就職先ですが、大半は営業職です。というのも世の中の会社の殆どが営業職を募集しています。
さらに皆さんも訪問営業など受けたことがあるかと思いますが、年寄りのおっさんがくるよりフレッシュな若者が営業にきたほうがまだ商品を購入したりする可能性がありますよね?
なので、新卒採用募集の大半が営業職になるというわけです。その後、歳を重ねていくうちにマーケティングやら企画やら広報やらに異動になるというのが一般的な文系卒の流れです。
人材へ行こうが銀行へ行こうが商社へ行こうが広告へ行こうがどの業界へ行こうがほぼ最初は営業職でしょう。
ただ、業界や会社によって営業の仕方や種類が細かく分かれるので自分の入る会社がどのような営業スタイルなのかを入社前に把握しておくことが大切です。
ただ、女子の場合は営業じゃなくて、いきなり人事だったりバックオフィス系の職種に回されることもあります。
顔が可愛い人は人事に回されます 笑 人事になったら、
ある程度可愛いんだと思ってもらって大丈夫です。
これは人材業界の話ですけど、女の子のほうが男より営業成績いいんですよね。
だから、会社としても女の子の営業マンって貴重なので女の子もとりあえず営業にする流れなのかなー?
でも、営業配属になった女の子って営業成績はある程度あげられるんだけど、辞められる可能性も高い(1年目の営業はもっとも辛い)ので悩みどころですね。

このように営業就職が文系卒の王道なのですが、営業以外にも選択肢はあります。
・未経験でエンジニア
・未経験でWEBデザイナー、ディレクター (まあ制作系ですね)
・小売業に就職し、販売員にやエリアマネージャー(営業とは少し異なりますよね)
他にも探せばあるかもしれません。
ってな感じです。

ちなみに僕は、営業→企画→マーケティングの順に異動しました。

会社によっては新卒でマーケティング職など募集しているとこもあるので興味のある方は探してみては?ずっと営業は僕は無理ですが、1〜2年経験するのは人生においてプラスになることも多いのでやってみて損なし!とも思います。では、この辺で。