人材会社出身者が書く転職・就職ブログ

元人材会社 / 現在、フリーランス / 採用、動画制作、マーケティングなどをメインにしています

営業マンあるあるを言いたい〜

f:id:yusaku9734:20191021000614j:plain

ども、元人材営業マンです!

本日は営業マンあるあるを発表したいと思います。

営業マンの人は共感できる箇所もあるのではないでしょうか。
今から営業マンになろうと考えている人は参考になるのか?わかりませんが、参考にしてみてください。

①リストアップのために、朝は早めに出社

営業マンの朝は非常に早いです。なぜなら、その日に営業をするリストアップをしなければならないからです(ルート営業の人はこれないかも)。僕の時代は、リストアップしたリストを上司に見せなければならなかったので、規定の出社時間より1時間は早くきて全部印刷して、上司が来る前に上司の机に上に置いてました。めちゃくちゃ手間でしたね。新卒だったので、「いや、WEB上の共有でよくね?」と思ってましたが、言えず・・・。社会人になって思うのですが、年齢がある程度高い上司のITリテラシーって思ってる以上に低いですよ。笑

②月末が地獄か天国

これは会社によると思いますが、多くの会社は月単位で営業目標がついているのではないでしょうか。なので、月末になると、目標達成のためにみんな躍起になるわけです。お願いメールやお願い電話をしてみたり、請求書を発行して、先方に印鑑をもらって経理に提出したり・・・。その結果、目標達成すれば、ヒーローのように崇められ、未達成なら、まるでそこに存在していないかのような扱いをされます。未達成の時は、もうその場にいたくないですし、その後に軽い打ち上げがあるのですが、酒も美味しくないんです。なので、地獄か天国かという表現をしています

③目標達成していれば天国、してなければ地獄

営業職では残念ながら、あまり過程は見られません。「結果が全て」の世界です。どんだけサボろうか、どんだけ一生懸命頑張ろうが、数字をあげた奴が勝者なのです。そのため、月の目標が半月経過時点で達成ペースにいれば、上司にも何も言われないので、外回りでカフェで寝てようが、究極、ネットカフェで漫画読んでようが、風俗に行ってようが、お咎めなしです。(勿論、駄目なことですよw)
逆に、目標達成ペースにのっていないと、上司からは「どーするんだ?」と毎日詰められ、地獄の1ヶ月になります。もう最悪ですよ。

④目標達成してなかったら、帰りづらい

何でしょうね。帰りづらいんですよ。「こいつ、目標達成しそうにないのに帰るのか?まじか?大丈夫か?」なんて誰も思っちゃいないですよ、たぶん。でも、思われてるんじゃないかな、と考えてしまって、帰りづらいんです。本当嫌になっちゃう、他人の目なんて気にしなくていいのに。

⑤休日も数字のことを考えてしまう

これは本当によくないです。仕事じゃないときはリラックスすべきなんです。でも、ふとした瞬間に数字がよぎるんですよ・・・。ぎゃゃゃゃ!!!!

⑥営業エリアの土地に詳しくなる

お客さんをもつと、何度もそのお客さんの処に出向くようになるので、その土地にも何度も行くことになります。何度も行けば、ランチでご飯を食べたり、カフェに入ったりとその土地のお店も利用するようになりますし、その土地の地理も理解するのでかなり詳しくなります。美味しいお店などを知っていればプライベートで利用できるかもしれませんね。

 

まだありそうですが、こんなもんで。
今から営業職に就く人は覚悟してね❤️