人材会社出身者が書く転職・就職ブログ

元人材会社 / 現在、フリーランス / 採用、動画制作、マーケティングなどをメインにしています

元人材会社からみる「マクドナルド難民問題」

f:id:yusaku9734:20191022122002j:plain

マクドナルド難民とは?

最近話題のマクドナルド難民」を知っていますか?

このマクドナルド難民に関して、元人材会社の視点から言及したいと思います。
簡単にこの問題を説明すると、40代の男性が苦しい生活を強いられ、ほとんどの時間をマクドナルドで過ごしている。また、仕事への意欲はあるが、どの求人もブラック企業でとても長続きできる環境ではないと語っています。

ハローワークにはブラック求人がいっぱい

まず、「ハローワーク」に載っている求人は記事にあるようにブラック企業が多いです。なぜなら、ハローワークに求人を掲載するのにお金がかからず、「応募がきたらラッキー」程度の感覚で企業側は募集しています。お金をかけずに採用しようとしている企業に「ホワイトな企業」は極めて少ないです。本気で採用しようとしている企業は「有料の求人サイトに求人を掲載」または「転職エージェントサービスやヘッドハンティングサービスを利用」しています求職者側に立つと、まずハローワークで探そうとしている時点で少し考えに誤りがあるでは、と感じます。twitterなどを見ていても「ハローワークいって仕事を探さなきゃ」なんてツイートをまだ20代前半であろう子がしていましたが、住んでいる地域にもよりますが、「仕事を探すなら、まずハローワーク」という概念がなぜ染み付いてしまっているのでしょうか。元人材会社の人間からすると「何でハローワーク?」と感じます。地方にはまだまだ有料の転職サービスは浸透していないという証拠でしょうか。

マクドナルド難民の経歴まとめ

今回のマクドナルド難民の方の経歴が以下です。

----------------------------------------------

20歳 専門学校卒業後、契約社員

25歳 初めての転職を経験

26歳 ブラック企業を渡り歩く

38歳 パワハラが原因でうつ病

40歳 シェアハウスに移り住む

42歳 マクドナルド難民を始める

----------------------------------------------

学歴は意外と大事なのかも

これはあまり言いたくないのですが、このようなマクドナルド難民になる人には高卒や専門卒が最終学歴の方が多いです。日本も割と学歴社会な気がします。有料求人のほとんどが「大卒」必須になっており、高卒の方は応募する資格すらないのが現状です。高卒でも募集している求人は少数ですがあるものの、先ほども少し触れましたが、高校や専門卒業時点で「仕事を探す方法」が身についておらず、世の中には非常に多くの仕事の探し方があることを知らないのです。もし、これを見ている親御様がいるのであれば、僕からのアドバイスとしては、なんとしててでも自分の子供を大学進学させた方がいいです。そして、できるだけいい大学へ。学歴が全てではありませんが、今の時代の風潮だと、学歴が高い方がいい仕事に就けるし、相対的に幸福度は高くなります。いい場所にいい行けばいい人繋がりができるし、悪い場所へ行けば悪い繋がりができます。なので、できるだけいい大学へ行き、できるだけいい人と仲良くなりましょう。

マクドナルド難民の救済を考える

じゃあ、このマクドナルド難民の人はどうしたらいいのか・・・
申し訳ございませんが、解決策はすぐには出てきません。特別なスキルをお持ちであれば、打開策はあるのかもしれませんが、それは残念ながら難しいそうに感じます。そんなお金はない!と言われそうですが、パソコンを持っていなければまずはパソコンを買いましょう。ハローワークではなく、ネット上で仕事を探してみましょう。現在、フリーランスで誰でもできる仕事も存在します。そのような仕事から初めて自分のできることを広げていくのもいいでしょう。

フリーランスサイト

ランサーズ

www.lancers.jp


クラウドサービス

crowdworks.jp


どうにもならなければ、実家や親戚に頼りましょう。
かっこ悪いと感じるもしれませんが、精神的に辛くなって死ぬよりは全然マシです。