人材会社出身者が書く転職・就職ブログ

元人材会社 / 現在、フリーランス / 採用、動画制作、マーケティングなどをメインにしています

人材不足!転職戦乱時代突入!本当に良い人材には声がかかるのだ

f:id:yusaku9734:20191026052248j:plain

リフェラル転職とは?

今回は、カテゴリーで言うと「リフェラル転職」になるんですかね。
みなさんは「リフェラル転職」って何かわかりますか?
日本語に直すと、「社員紹介での転職」です。
僕が前勤めていた会社や今、業務委託でお手伝いしている会社でもリフェラル転職が促進しています。社長や役員が社員に「もし周りにいい人いたら紹介してね」と言うだけでは社員も動きませんので、紹介まで繋がるはずありません。

インセンティブ制度が鍵!

そこで、どうするか。「インセティブ」を渡すんです。要は、友人を紹介してくれたら、その社員にお金を支払います。金額やどのタイミングでインセンティブを発生させるかは会社の決めの問題なのですが、僕の例でいくと、500名程度の会社に勤めていた時は、友人を面接する段階で1万円程度もらえ、さらに採用になると20万円がもらえました。別の会社では、面接の段階はインセンは発生しませんが、その友人が採用になると、30万円もらえました。結構もらえるんですよ。新卒のサラリーマンの初任給くらいはありますよね。笑 なぜ、こんなにインセンが発生するかというと、30万円払っていい人材が確保できるのあれば、格安なんですよ。

通常の人材採用は高額

今の時代、いい人材を確保しようとすれば、最低でも70万程度はくだらないです。しかも、70万だけではなく、ゼロから書類選考して、面接して・・・という手間も発生します。一方、社員の友人紹介であれば、ある程度の情報はその社員から聞けるし、社員の紹介なので、いい人材である可能性は高いし、お金も70万より安いし・・・。確実にリフェラル採用の方がいいですよね?

リフェラル採用が盛んになっていく

このような後押しもあり、リフェラル採用は盛んに行われていますので、自分の友人が転職を考えていて、自分の働いている会社に紹介したいとなれば、声かけますよね。
なので、いい人材には声かかる環境にあります。
僕もお手伝いしている会社からいい人いたら教えてくれ!と常々言われています。
実際、1人紹介して入社し、今ばりばり活躍している友人がいます。
その友人に「紹介してくれてありがとう。毎日楽しいわ」と言われると嬉しいですし、本当に紹介して良かったと心から思います。

リフェラル採用が多い会社=いい会社?

僕は、リフェラル採用が多い会社は「いい会社」である1つの要素かなと考えます。理由としては、親しい友達に「自分の会社も紹介できる=自分の会社が好き」と言う方式が成り立つのではないでしょうか。自分の友達を劣悪な会社に入れる奴なんていないでしょ?そんな奴は友達でもなんでもありません。
ってな感じで、いい人材には声がかかりやすい時代ですので、声かけられるように頑張りましょう。頻繁に声かけられてる人は、「いい人材なんだ」と思っていいんじゃないでしょうか。まあ、自惚れすぎるのもよくないですが・・・笑