人材会社出身者が書く転職・就職ブログ

元人材会社 / 現在、フリーランス / 採用、動画制作、マーケティングなどをメインにしています

若手に嫌われる上司の特徴5選

f:id:yusaku9734:20191101011447j:plain

ども。今日は若手社員に嫌われる上司の特徴を5つ挙げてみましたので、ご覧ください!もし当てはまる人がいれば、直したほうがいいかもです。

⑴「俺の時代はさ、・・・」と昔の自分の話をする

これは40歳を超えて8年以上その会社にいるおじさんにありがちです。僕の勤めていた会社にも2人ほどいまして、そのおじさんとサシで飯行くのが辛くて辛くてしゃーなかったです。聞きたくもないどうでもいい昔話されて、話を広げるためにその昔話で広げれそうなポイント見つけたら質問で切り返していくんです。地獄ですよ、もう。笑
聞きたくない話を自分で広げるんですから、「何してんだ、僕・・・」と。
最悪、その話がおもろかったらいいんですけど、こうゆうおじさんの話はほとんどつまらないケースが多いのがさらにタチ悪いです。さらにさらにタチ悪いのは、昔と今を比較してくるおじさんです。昔話だけならまだ許せます(許せませんw)が、「昔はもっと厳しかった。今は優しい時代になった。なのに、今の若者はなんでできないんだ?」などと卑下してきたらもうグーパンくらわせてOKです。

⑵改善案も出さずにただ叱るだけ

例えば、営業目標達成できないときに「なんで達成できない?やってないからだろ?やれよ!」とだけ言って、特に改善策も何もない上司の圧力は若手にめちゃめちゃ嫌われます。さらにこうゆう上司がいうのが⑴の「俺らの時代は、何がなんでもやったよ?」と昔は余裕でやってましたけどもエピソードを付け加えてきます。営業って目標達成が全てみたいなとこも確かにありますけど、それだけを追求しすぎると部下との距離は離れていくばかりなので、一緒になって親身に考えることが大事です。まあ、その上司も本心では怒りたくないけども上から「数字!数字!」と詰められて、もうわけわからんくなって言ってるケースもありますけども。1度でもこのような態度を取ってしまうとその部下との関係はほぼ修復不可なので気をつけてください。部下が今後一切、その上司に心を開くことはないでしょう。

⑶自分の仕事への価値観や情熱を押し付ける

⑴と重複する部分もあります。「昔はさ〜」という上司にありがちなのですが、「昔は残業普通だったから、残業しろ」「俺は仕事に対して●●と思ってる?お前もそうだろ?」みたいなこと言ったり・・・。これは説明難しいんですけど、その上司と部下の仕事や会社に対する考え方や時代が全く違うのに価値観を強要してくる人いるんですよ。ちなみに僕の嫌いな価値観は、「上司が退社する前に退社するなんてありえない」とかうんこみたいな考えを持ってるおじさん上司です。帰ろうとすると「帰るの?」とか聞いてくるんですよ。問答無用、「帰るよ」。こいつの部下になったら、もう会社行きません。笑

⑷やたら飲みに誘ってくる

特に女性社員からの共感が多そうな意見です。先ほども少し触れましたが、嫌いな上司からの飲みの誘いは地獄です。これ何が地獄かっていうと飲んでる時間も地獄なのですが、「断れない」ってなのが終わってるんです。違う会社のわけわからん奴の飲みの誘いならガン無視できるじゃないですか。「スケジュールが・・・」「最近、会社が繁忙期で・・・」「体調悪くて・・・」でも、明日からも会う上司、365日どこかは空いているわけなので、「スケジュール的に厳しい」という言い訳ができない絶対絶命の状況なんです。もうどっかで腹くくって行くしかないんです。笑
奢ってはくれますよ、おそらくそれは。奢ってくれなかったら、もうそれはそれは真空波動拳撃ちましょう。「時間>金」ですわ。
time is money!!!!!!!!!!!!

⑸恋愛の話を聞いてくる

これは女性社員からのタレコミです。飲みに行くと、「最近、恋愛どうなん?」「彼氏いないの?」「いい人いないの?」「結婚の予定は?」「どれくらい付き合ってるの?」など恋愛に関する質問ばっかりしてくる上司が多発しているとのことです。笑
「おっさんに恋愛のこと話したくねーんだよ!黙っとけ!」だってさ。男性の皆さん気をつけてくださいね。

 

以上、いかがでしたか?
当てはまるものがあった人はお気をつけて!