人材会社出身者が書く転職・就職ブログ

元人材会社 / 現在、フリーランス / 採用、動画制作、マーケティングなどをメインにしています

先決めずに退職するなら貯金は必須な理由

貯金

ども。本日はフリーランス系のお話になるかと思います。
最近はフリーランス系のyoutuberが増えたり、自由に生きる系の啓発が多くなり本当に世の中の仕事に対する考え方に変化が出てきたな、と感じております。この波はここからさらに加速するでしょう。大抵の場合、「自由に生きる=正社員雇用を辞める」という方程式が出来上がるのではないかと思います。今回は、「自由に生きたい!」「仕事なんて辞めてやる!」と思って後先考えずに辞める場合、絶対に貯金をしておくべき理由をお話します。

ちょっと退職関連で余談なのですが、yahoo知恵袋に「転職活動で面接を受けている会社から現職の会社に問い合わせの電話が掛かってきた」という質問を目にしました。マジでそれはダメです。そんな会社行くべきではないです。情報漏洩甚だしいです。もし転職エージェントでそのようなことをしたら一発でクビ飛びます!

退職前に貯金をすべき理由

勤務時の年収基準で税金の支払いがくる

www.jobchangegogo.com

上記の記事に詳細は書いているのでもっと詳しく知りたい方は上記のページへGOしてください!簡単にいうと、フリーランスになった直後から年収がある程度確保できていればいいのですが、大抵の場合はサラリーマン時代よりも年収が低くなるので、サラリーマン時代基準の税金が降りかかってくるとかなり高額になります、、、。年間50万は支払いしなければならないと思っておいてください。

何かを学ぶにはお金がいる

完全に異業種へのキャリアチェンジを目指す人もいるかと思います。
その際に、完全に独学だと大変だし時間かかってしまうと考える人も少なくないでしょう。そこで何かのサービスを受けるためにはサービス料が必要になりますのでこちらを一括ですぐに出せるようにしておくのが良いでしょう。プログラミングスクールであれば10万~20万。WEBのマーケティング講座も10万程度はします。もし独学で学ぶことになっても参考書代があるので多少は必要になります。

そんな簡単には稼げない

フリーランスになって思うのですが、個人で稼げるようになることは非常に大変です。
たまに勤めていた際のクライアントを会社で受けるのではなく、個人で受けてサラリーマン時代の金額を個人で受け取る名付けて「クライアント引っ張り」を発動して、初っ端からガンガン稼ぐ人もいますが、そう簡単にはいきません。サラリーマン時代の生活を続けたらあっという間にお金は消えます。フリーランスになって思いました。サラリーマン時代は意外といい生活してたんだな、と。

お金がない時の節約術

フリーランスになってお金がない!って時には節約するしかありません。いくつか僕が実践したものも含めご紹介しておきます。

実家に住む

これは僕の場合、完全に親からNG食らっていたのでできませんでしたし、プライドが許しませんでした。ただ、正直実家に住むことができ、家賃や食費も親に渡さなくてもいいのであれば、大学生活となんら変わりないので月の手取りが10万未満でも生きれちゃいます。

米を炊く

おそらく多くの人は外食ばかりしているでしょう。そこを我慢して米を炊き、おかずや味付けで毎日異なる米を楽しむのです。そんなひもじいこと、、、と思いますか?はい、ひもじいです。笑

無料で情報収集する

参考書買う前に、ネットで情報をかき集めましょう。今や、大抵の情報がネットに落ちていますし、youtubeが普及したことで文章や図だけでなく、動画でも情報を手に入れることができるのでかなり細部まで知ることができるのではないでしょうか。ですので、ネット代だけはケチらないようにしましょう。スーパー回線のいい会社を選び、使い倒しましょう。

市区町村管轄の公共施設を利用する

住んでいる市区町村の施設は無料で利用できることが多いです。多くの施設でネットが使えるフリースペースが完備されていたり、図書館の本を無料で借りることができたりと、天国のような場所です。申請も審査などはなかった気がするのですぐ通ると思います!