トクナガの就職・転職のハナシ

元人材会社 / 現在フリーランス / 採用、動画制作、マーケティングなどをメインにしています

(昔)サラリーマン時代と(今)フリーランスの1日の生活を比べてみた

サラリーマンとフリーランス

ども。今回はサラリーマン時代の僕とフリーランスになった僕の1日を比較してみたいと思います。まあ、僕の場合、完全なるフリーランスではなく、なんちゃってフリーランスなのでその部分をご了承くださいませ!

僕のサラリーマン時代の1日

7:30 起床
8:15 満員電車に乗り込む
8:50 会社着
9:00 朝礼的なやーつ
9:15 メールなどを確認・返信
9:30 ひたすらテレアポ
12:00 昼飯
13:00 客先へアポ
15:00 2件目へGO
17:00 帰社・テレアポ
18:00 営業・提案資料作成
18:30 MTG
19:00 資料作成続き
21:00 退社
22:00 帰宅・飯・youtubeみる
24:00 就寝

僕のフリーランスになってからの主な1日

11:00 起床
12:00 業務委託先へ出社
12:15 メール・数値の確認
14:00 昼飯食う
12:30 レポート作成やマーケティング周りの業務
18:00 退社
19:00 帰宅・ちょい睡眠
21:30 起床・夜飯食べる
22:00 個人の仕事開始
5:00 就寝

いくつかの項目を比較

ここから気になる点をピックアップしていきましょう。
本当はもっと健康的な生活をすべきなのですが、、、これが現実です。笑

個人の時間が創出できるか

サラリーマン時代は帰宅後にできることが何もなく、ダラダラして疲れ果てて寝るのが当たり前でした。それに対して、フリーランスの今は、業務委託先でストレスを感じることもなく、余計な疲れを生じないので、帰宅後に少し仮眠をとれば、フル回復し自分の仕事をすることができます。この自分の事ができる時間が1日の中に作る事ができるか否か。これは非常に大きい事項だと個人的には思います。サラリーマンの人でも朝早起きする事で時間を創り、副業に勤しむ素晴らしい人もいます。このような動きが個人で稼げるかどうかに関わってくるかと考えます。

仕事以外のストレスをなるべく減らす

この意味することは、「満員電車に乗る」「朝早く起きる」「夜早く寝なければならない」など雇用される会社によっては、上記のような2次災害が多発します。このような事項は非常にストレスになりやすいのでなるべく避けたいところ。フリーランスになればそのような事項を避けやすくなるので僕にとってはありがたいですね。まあ、仕事以外のストレスより1番大事なのは仕事自体のストレスを減らすことですが、、、。仕事自体のストレスが減れば、それ以外のストレスも必然的に減ります。

生活リズムが崩れる

フリーランス的な働き方になると自由度が増すので自分で健康などを意識して生活しないと本当に大学生のような生活リズムになってしまいます。その点、サラリーマンだと規定時間での出社義務があるので、朝早くて辛い事はあるもののその部分は保たれます。フリーランスの方でも、朝早起きしてジム行ってそっから仕事!という素晴らしいモーニングルーティンをかましているのをyoutubeなどでよく拝見するので真似したいです。

無駄な朝礼やMTGに出なくてよい

サラリーマンの方ならわかってくれる方も多少いるかと思いますが、無駄なMTGや集まりが非常に多い!そのMTGや集まりのために資料作成などの作業が必要になったり、MTGの内容がうんこみたいに薄い時があるんですよね。これがまたストレスなんですよね。フリーランスだとそのような類に出席しなくていいのでラッキーです。

サラリーマン?フリーランス?which is better

いかがでしたか?僕がフリーランス的な働き方を好むので、フリーランス>サラリーマンのような書き方になってしまいましたが、どちらを好むかは人それぞれですし、属する会社によってサラリーマンの働き方は大きく変化するので、もはやサラリーマンでありながらフリーランスのような生活をしている人もいます。どちらがあなたには合いますか?