トクナガの就職・転職のハナシ

元人材会社 / 現在フリーランス / 採用、動画制作、マーケティングなどをメインにしています

大企業のリストラと安定の崩壊。

大企業リストラ

今回は加速化する大企業のリストラについて書いていきたいと思います。まあ、厳密にはリストラではなく、希望退職と表記してあることがほとんどなのですが、これって昔でいうとこのリストラじゃないの?笑

大企業味の素のリストラニュース

news.nifty.com

一例として上記にある食品業界の大企業・味の素のリストラニュースを取り上げます。2019年11月28日に味の素が50歳以上の管理職についている社員に対して希望退職を募集する事を決めました。気になる早期退職金ですが、リストラに近いケースのため「通常の退職金に特別加算金を上乗せするほか、再就職支援も実施する」とのこと。具体的な金額を明記して欲しいですね。味の素のほどの大企業だと退職金ってどの程度なんですかね、、、。味の素社員の管理職クラスの平均年収をググった結果、約1000万程度とのことなので退職金1000万は堅いんですかね。退職金をもらったことないので感覚値わからず、、、。

他にも多くの大企業が希望退職(ほぼリストラ)を実施

上記では味の素を取り上げたが、ニュースを見ていると
・日本コカコーラ
・富士通
・アルペン
・NEC
・千趣会

などの大企業も過去にリストラ的な希望退職を実施しています。
これは本格的にリストラの波がきてますな!

この希望制リストラを受け入れる人って?

素直に思ったのですが、この希望制リストラを受け入れる(希望する)人ってどんな人なのでしょうか。

・もう大企業で働かなくても十分なお金がある
・大企業を飛び出してやりたい事がある(50歳からあるのか?)

あんまりこのリストラを受け入れる人物像が思いつかないですよね、、、。というのも1社に長らく勤めた人ってその会社での居心地がなんだかんだ良いので勤続期間が長くなるんだと思いますし、ましてや大企業中の大企業ですからね〜。今更リストラを受け入れる理由が見つからないんです。味の素の場合、今回のリストラ勧告で100名を見込んでいるらしいのですが、そんな集まるんですかね、退職金が3000万とかなら可能性はありますが。

人が辞めない大企業がゆえのリストラ

ある程度、名の知れた大企業であれば、福利厚生などもしっかりしてるので新卒入社した社員がすぐに辞めることはないでしょう。若い層がそのまま全員昇進するので上が詰まってきちゃうんですよね。必然的に管理職、マネージメント層はそんな大人数必要ではないので、何人かにリストラを促すしかないですよね、、、。

時代の流れについていけない大企業の50代

申し訳ないですが、現在50代の方で現代のデジタル社会の波についてこれている人ってかなり少ないと思います。実際、僕の親も55歳になりますが、未だにiphoneの使い方を聞いてきますし、インスタ?twitter?youtube?なにそれ?って感じだし、まだまだネット系のサービスには疎いです。これからもっとネット系の知識が必要になるので敏感にならないと厳しいですよね。これは僕がまだ若いので他人事のように記載していますが、僕が50代になる頃には別の波が来ると思いますので、これにのれるようなおっさんになりたいです。

リストラ勧告を行なっているのは軒並みIT系以外の大企業

最近、appple社のCEOティムクックがapple表参道店に顔を出したのが話題になっていましたが、appleやgoogleのようなゴリゴリのIT企業がリストラ勧告を行なっているのはあまり聞かないですよね。そもそもIT系の企業は長くても創業30年程度ですし、会社の平均年齢も若いのでリストラなんて考えないですよねも。逆に、IT系以外の企業は、これから事業を広げていく事は難しく、どちらかというとITの勢いに押されて収縮していくことがほとんどでしょう。その結果、人も必要無くなります。うまくIT系の事業に着手できれば良いのですが、、、。

もう大企業が安泰!の時代は終焉を迎えています。

就活生はこれから先の未来を見据えて就職先を選ぶ必要があるかもしれません。今は大企業で安定していても5年後はかなり業績悪化するなんてこともありますからね。僕も目の前で事業が畳まれたり会社が潰れたり、、、といった様子を何度もみてきました。本当に後先考えないとある日会社はなくなりますよ。