トクナガの就職・転職のハナシ

元人材会社 / 現在フリーランス / 採用、動画制作、マーケティングなどをメインにしています

部下の信頼を勝ち取る上司の特徴とは?

信頼上司部下

ども。本日は上司のあり方についてお話していこうと思います。
皆さまが思う理想の上司像ってどんなものでしょうか?淡々と仕事に着手する上司?文句を言わない上司?オーラがある上司?プレゼンがうまい上司?家族想いな上司?いろんな理想的な上司像があるとかと存じますが、今回は僕の偏見も多少入りますが、部下からの信頼が厚い上司像に着目してお話していきます。

ブログのタイトルにもあるように格好いいだけの上司ということであれば、営業成績が良かったり、昇進が早かったりといったことが挙げられるでしょう。ただ、それだけではマネージメント側に回った時にとても苦労するはずです。自分がいくらできてもダメなんです。部下のために努めることができなければそのチームは崩壊してしまいます。別にマネージメントが苦手であったり、したくなければ会社と相談してチームを持たず、自分の売り上げをガンガンあげるプレイヤーで居続けてもいいと思います。その場合、部下をもつ必要がないのでここからの記事は読む必要はないかもしれません。それも理想の上司像の1つだと思います。

ではここからは本題の部下の信頼を勝ち取る上司の特徴についてお話していきます。

素直である

素直さは人間関係において非常に重要です。それは上司の部下の間柄でも同じことが言えます。もし、上司が素直さを隠し、辛かった過去や現在、働いていて嫌のことが1つもない状態を部下に見せた場合、部下からすると「自分とこの人は違う次元だ」「否定的なことを言ったら怒られる」と考えてしまい、相談する気になれません。素直さを全面に出すことで「上司も僕と同じような悩みを持っているだ」と思わせることで「本音を話しても大丈夫かな」という気持ちになります。

面白い

まあ、面白いとは何か?と問われると回答に困ってしまうのも事実なのですが、面白い上司は部下に慕われます。仕事やプライベートで笑えるような話題を引き出しとして持っていたり、部下の目線に合わせて話すことができたり、部下の年代のホットな話題にも全然ついてこれ、フランクに話すことができるなどの傾向が見られます。具体的にいうと、忘年会などの2次会にいても気を使わず、部下と一緒になって楽しめる上司ですかね、、、。まあ、知らんけど。笑

オン・オフの切り替えができる

これはありきたりのやつですが、仕事の時は成績優秀で効率も良く、バリバリ仕事ができる。対して、オフの時は、仕事では全く見せない顔を見せてくれる上司は好かれます。仕事の時だけ見ていると関わりづらそうですが、話すと超フランクみたいな感じでしょうか。まあ、このケースで難しいのは、飲み会でめちゃくちゃフランクに話してくれて翌日、仕事中に飲み会の感じで話しかけたら、仕事モードで飲み会の時は別人のような返事で困惑することがあります。これは、誰が悪いのでしょうか、、、。仕事モードの時であろうと、部下のことを思って柔軟になり、フランクに返せない上司なのか、仕事中なのにフランクに話しかけてしまった部下なのか、、、。意見が分かれそうです。

自慢しない・上から目線じゃない

これは上司と部下の関係ととどまらず、友達作りにも通ずることだと思いますが、自慢するやつはもう無理です。上司でよくあるのが過去の栄光を永遠と話し続けるやーつね。これは地獄です。上司だったら何においても自分が偉いと勘違いしてしまい、部下の人格や家庭、経歴、環境などまでにいちゃもんつけてくるやーつね。これはもう逮捕していい。会社の肩書き外れた瞬間、ただのおじさんだから。会社から一歩出ればただのおじさんだから。なんでもかんでも上司目線で物事いうなよっては・な・し。

 

あなたが上司なら上記の項目チェックしてみてはいかがでしょうか?
まあ、例外もありますが!