トクナガの就職・転職のハナシ

元人材会社 / 現在フリーランス / 採用、動画制作、マーケティングなどをメインにしています

元人材会社マンが考える転職を成功させるためのキーポイント

転職成功

あらゆる人の転職を間近で見てきた元人材会社の僕が転職を成功させるために大事なポイントをいくつかまとめましたので是非参考にしてみてください。

転職成功のためのキーポイント

転職を急がない、成功のためにじっくり吟味しよう

転職活動は就職活動とは違い、活動期間が定められていませんので、焦らずじっくりと吟味してよいでしょう。「ここでいいかな〜」とぼんやりと会社を決定するのではなく、ここであれば自分に確実にマッチしているという強い確信が持てるまで悩むことが成功に繋がるのではないでしょうか。「期間を決めないとダラダラ転職活動をしてしまう」と考える人もいるでしょう。まだダラダラできる余裕があるのであれば、「今すぐに転職したい!」わけではないと思うので、時間をかけてよいでしょう。本当に転職の意思が強くなれば自然と転職活動への熱も変わってきます。

就職活動の振り返りが転職成功への道

ほとんどのみなさんが就職活動を経て、現在の会社に勤めていますよね。自らの就職活動の出来はいかがでしたか。就職活動が成功したと考えるのであれば、再度同様のことを転職活動でも繰り返すのみです。逆に就職活動が失敗したと考えるのであれば、転職活動ではその失敗を生かし、成功のために何の要素を追加すればよいのかを熟考する必要があります。自己分析不足?選考会社の数不足?リサーチ不足?など不足要素を自らに落とし込んで成功へのヒントを掴んでください。

転職の手段を理解する

就職活動と転職活動で大きく違う点を挙げると、転職活動の方が就職活動に比べて転職手段が豊富な点です。転職サイト、人材紹介、ヘッドハンティング、直接応募、友人紹介、SNS転職など就職サイトしか選択肢がない就職活動よりも多くの手段があります。これらを上手く活用するために全ての転職手段をしっかりと理解しましょう。たまによくわからずに利用している人がいますが、理解が乏しいと人材会社に騙されたり、上手く丸め込まれたりしてしまいます。東京に住んでいるなら歌舞伎町のど真ん中のbarはぼったくられるので行きませんよね?でも地方から上京してきた人は知識がないのと興味本位で行ってしまいます。それと同様で人材会社が提供しているサービスを理解しないとやられます。

希望する会社の情報を徹底的に調べる

転職を希望する会社の内情は細かく調べましょう。就職活動時は右も左もわからない状態なので調べることも困難かもしれませんが、社会人経験を積んだ段階であれば、どんな業種、職種がどのようなものなのかはなんとなく頭に入っていると思いますし、その知識を元にもっと細かく調べられるはずです。「細かく」がどれほどのものかというと、僕が人材界の営業出身なのでそれを例に説明します。
・ネット上のその会社の評判
・基本の募集要項(給与、休暇、ボーナス、勤務時間など)
・商品・サービス内容
・競合調査とその会社の立ち位置(業界の順位)
・営業方法(新規営業、既存営業、新規と既存半々)
・営業手段(電話、メール、訪問、全部)
僕だったらこれらは最低調べます。

以下のサイトも利用してみてください。

www.jobchangegogo.com

退職理由(=転職理由)が明確

転職する理由は何でしょうか?それが不明確であれば、転職活動をする意味がぶれてきますし、この転職理由が明確でないのであればそもそも転職しなくてもよいかもしれません。転職理由があるからこそ転職するのであって、「なんとなく」であれば転職するのはまだ先でいいです。この転職理由こそ次の転職先を探す軸になり、転職成功にかなり重要なポイントとなります。「残業が多い」「残業代が出ない」「企画が全然通らない」「土日休みじゃない」「給料が安い」「人間的に合わない人が多い」あなたの転職理由はなんですか?

転職成功のためにできる限りのことを

ここまで転職成功のキーポイントをまとめてきましたが、いかがでしたか?仕事は人生の大部分を占め、転職の成功・失敗は人生そのものに大きな影響を与えます。ぜひ、できる限りのことをして実りのある転職活動そして成功を掴んでください。