トクナガの就職・転職のハナシ

元人材会社 / 現在フリーランス / 採用、動画制作、マーケティングなどをメインにしています

看護師専門の転職サイトを徹底比較!【2020年最新版】

看護師の転職サイト

今回は看護師のための転職サイトをご紹介します。先に前提として申しておきたい点が2つあります。

総合転職サイトでは看護師などの専門職採用は厳しい

下記にリンクで出しているリクナビNEXT(リクルートが運営する転職サイト)やマイナビ転職(マイナビが運営する転職サイト)などの総合転職サイトでは看護師や薬剤師、弁護士などの資格が要する専門職の転職は厳しいです。実際、僕も総合転職サイトの運営に携わっていた時期がありますが、資格を要する専門職の転職依頼は企業の求人掲載も専門職に転職希望の求職者も申し訳ないですがお断りしておりました。

next.rikunabi.com

tenshoku.mynavi.jp

転職サイトにあまり違いはない

総合転職サイトって大きな媒体が5つほどあるのですが、どれもそんなに差異はありません。これからご紹介する看護師の転職サイトも同様です。違いがないのになぜ多くの似たような転職サイトが次々と出てくるのか、その大きな理由として採用したい企業(看護師の場合は病院やクリニック)がまだまだあるからです。そして、転職サイト1つだけではその求人の需要に答えきれないのです。例えば、僕が病院を経営していて人材不足のため看護師を募集したいので、どこかの転職サイトに求人を出そうとした場合、看護師の転職実績No.1の転職サイトに求人を出すことももちろん検討しますが、掲載されている求人数がものすごい数なので自分の求人が埋もれてしまいます。転職者が転職サイト内で検索をかけた際に掲載プランにもよりますが、あまりお金をかけない場合、検索結果として、自分の求人が出てくるのは5ページ目だったりします。転職者の立場で考えてみてください。とある条件で検索して、検索結果を5ページ目まで閲覧しますか?僕なら2ページ目程度が限界です。なので、実績No.1の転職サイトは諦めて他の転職サイトへの掲載を考えます。ただ、No.2の転職サイトももう掲載いっぱい!ってなると次の転職サイトを検討します。転職サイト市場に事業参入を考えている企業も同様の考え方で参入します。もうNo.1~No.4の転職サイトって求人ありすぎて何がなんだかわかんないから、もう1つ転職サイト作った方がいんじゃね?的な感じです。それが分解されていって、「女性専門」「看護師専門」「エンジニア専門」などの専門転職サイトが出来上がりました。では、本題に戻り、早速看護師専門の転職サイトをみていきます。看護師の方で転職希望される場合は、是非ご活用くださいませ。サイトのみやすさ、求人数、オリジナリティの3つの項目でを5段階で評価していきます!

看護師のための転職サイト【厳選9サイト】

看護師転職①:スーパーナース

www.supernurse.co.jp

サイトのみやすさ:★★★★★
求人数:★★★
オリジナリティ:★★★

求人数が25000件を超えている上、全国各地の求人を網羅している印象。サイトも看護師の転職サイトっぽさが出ておりGOODです。

看護師転職②:マイナビ看護師

kango.mynavi.jp

サイトのみやすさ:★★★★★
求人数:★★★★
オリジナリティ:★★★★

前述でご紹介した総合転職サイトを手がけるマイナビさんですが、看護師専用の転職サイトも運営しています。求人数は37000件。この数字は業界TOPクラスではないでしょうか。「夜勤なしの求人」「トラベルナースの求人」など看護師であれば気にするだろう条件の特集がTOPページに出ており、検索の手間を省いてくれます。

マイナビ看護師

看護師転職③:看護roo!

www.kango-roo.com

サイトのみやすさ:★★★★
求人数:★★★★
オリジナリティ:★★★

天下のマイナビさんが求人数No.1かと思いましたが、それを超える52000件の求人がありました。TOPは無駄なくシンプルな印象。転職エージェント的な役割もしてくれるそうで履歴書の添削や応募や面接日程の調整を代わりにやってくれるそうです。

看護師転職④:ナース専科求人ナビ

job.nurse-senka.jp

サイトのみやすさ:★★★★★
求人数:★★★★★(怪しい)
オリジナリティ:★★★

まさかの求人数15万超でした。本当に15万も求人あるのでしょうか、、、。なぜそう思うかと申しますと、冒頭で紹介したリクナビNEXT(リクルート運営)の全求人数が約4万5千なんですよ。総合転職サイトNO.1の求人数の3倍の求人を看護師限定の転職サイトが掲載してるなんてことありえますかね、、、。この異常な数字になる理由として考えるのは、
(1)度掲載した求人を永久的に掲載し続けている
(2)1つの病院やクリニックで多職種の求人を出している
(3)掲載料が無料
ですね。ただ、多職種の求人は総合転職サイトも行われているのでそこで求人数の差は生じないと思います。となると、(1)(3)が怪しいですね。

看護師転職⑤:看護師求人EX

kangokyujin-ex.jp

サイトのみやすさ:★★★★★
求人数:★★★
オリジナリティ:★★★★

TOPページを下にスクロールしていくと「転職成功のノウハウ」「雇用形態の特徴」「看護師のふところ事情」「スキルアップ・キャリアアップ」などこのサイト独自のコンテンツが並んでいます。

看護師求人EX

さらに、下にスクロールしていくと看護師の転職FAQという項目があり、看護師の転職で悩みそうな事柄をQ&A形式にして回答しており、転職者目線のコンテンツだと感じます。

看護師求人EX2

看護師転職⑥:ディップの看護師転職サービス・ナースではたらこ

iryo-de-hatarako.net

サイトのみやすさ:★★★
求人数:★★★★
オリジナリティ:★★★

アルバイト領域で勢力を持っているディップが運営しています。すごい小さく書かれているので本当かわかりませんが、希望すれば、キャリアアドバイザーが転職のサポートもしてくれるそうです。

看護師転職⑦:看護師求人・転職・募集 | グッピー

www.guppy.jp

サイトのみやすさ:★★★★
求人数:★★★★★(怪しい)
オリジナリティ:★★★

このサイトも無条件で求人検索すると15万ほどの求人が出てくるのですが、怪しいですね。転職サイトって募集要項然り、盛る傾向がありますので、この数字も定かではないです。

www.guppy.jp

別ページで転職マニュアルを用意しており、転職の流れが丁寧に説明してあります。中身少し覗きましたが、特に医療系に特化して記載しているのではなく、一般的な転職を想定したマニュアルになっています。

看護師転職⑧:看護のお仕事

kango-oshigoto.jp

サイトのみやすさ:★★★★
求人数:不明
オリジナリティ:★★

このサイトは正社員ではなく、看護師の派遣専門の転職サイトですね。看護師に派遣のイメージはあまりないですが、確かに派遣があってもおかしくないですよね。ウチの親戚も派遣で助産師してますが、時給2500円とかでしたよ。やはり国家資格を持ってると時給跳ね上がりますね。このサイトは会員登録しないとほとんどの情報をみることができないので情報がほぼ何もわかりません。ただ、TOPに掲載されている求人を見ると、全て時給2000円を上回っています。

看護師転職⑨:とらばーゆ看護

toranet.jp

サイトのみやすさ:★★★★
求人数:★★
オリジナリティ:★★★

このサイトはリクルートが運営する「とらばーゆ」という女性専用の転職サイトがあるのですが、その系列になります。求人数は5000件程度です。リクルート運営のサイトで求人数5000件ですよ?やっぱ前述したサイトの15万とかって異常な数字ですよ。笑
本当に15万だったらもう掲載しても埋もれすぎて意味ないでしょ。リクルート運営のサイトは求人を何年も作ってることもあり、ノウハウも溜まっているのか1つ1つの求人にアイキャッチが他のサイトと比べると気合い入ってる感じがします。
※以下、アイキャッチ画像の例

求人のアイキャッチ

看護師転職⑩:医療ワーカー

iryouworker.com

サイトのみやすさ:不明
求人数:不明
オリジナリティ:不明

このサイトは会員登録しないと何も情報入手できないようになっています。完全なるクローズドサイトです。最近「まずは簡単登録!」的な謳い文句で登録を促すサイト多くなってきましたね。もう少し情報公開して使い勝手を試したいところが本音です。

看護師専門の転職エージェント

数は多くないのですが、看護師専門の転職エージェントもあるのでこの記事で合わせて紹介しておきます。

セレジョブ看護

サイトのみやすさ:★★★
求人数:★★★
オリジナリティ:★★★
会員登録した後に情報が開示される形式を取っているので求人数など全くわかりません。転職サイトと異なりエージェントがサポートしてくれるので転職活動に不慣れな方はご活用ください。

転職の際は複数登録しておきましょう

正直、自分に合った転職サイトを見つけるのは非常に困難なため、転職の際は複数のサイトに登録することをおすすめします。注意点として転職サポートも手厚いサイトに電話番号を登録すると、アホほど電話がくるのでそれが嫌な人は電話番号の欄は適当な番号を入力してください。