トクナガの就職・転職のハナシ

元人材会社 / 現在フリーランス / 採用、動画制作、マーケティングなどをメインにしています

うつ病に陥った僕のお仕事体験談

うつ病仕事

今回は学生時代、うつ病やストレスといった類いの病気とは完全に無縁でスーパーポジティブマンだった僕が社会人になって経験したうつ病について赤裸々にお話しします。
自分で「こんな奴でもうつになるんだな」と驚きました(笑)。でも、僕はまだ立ち直れたうつ病なので全然マシな方です。

最初のうつ病は新人研修

最近はどの会社でも廃止になったと聞いていますが、僕らの時代は営業職に就くと死ぬほどキツイ新人研修があったのだ。僕の会社の場合は、「名刺をとにかく交換してこい」だった。結構多くの会社がこの手の新人研修を取り入れていたのではないかと思う。なぜそう思うか。それは、名刺を交換しに行こうとビルを眺めていると横に2~3人同じようにビルを眺めているスーツを着た新入社員らしき人がいるのだ。何してるのか聞くと、案の定、「新人研修でビルに飛び込んで名刺交換してこいと言われ・・・」と。どこも似たようなことをしているのだ。「一緒に頑張りましょ。とりあえず名刺交換しましょ」と研修中に何度言ったことか(笑)。では具体的にこの研修について説明していこう。内容は、前述しているように「決められたエリア内でとにかく名刺交換をしてくる」だ。正直、今思うと目的は何?と感じるのだが、新入社員の僕たちにそんなことは頭になかった。「社会人としてやらなければならないことなのだろう」と受け取った。名刺交換のエリアがお互いに被らないように新入社員各々に割り振られており、月曜日は港区の東側、火曜日は大田区の西側などといった感じだ。開始時間は朝9時。そこから夕方5時までひたすらビルに飛び込み「名刺交換してください!」と言い続ける。もちろん飛び込むビルにはアポなんて取っていない。この名刺交換期間、僕の時代は2週間でした。2週間ひたすらこれをやるのだ。ビルに飛び込んで、名刺交換をお願いすると以下のどれかが返ってくる。
・「いいよ。頑張ってね」→最高のパターン。愛してる
・「無理」→死亡
・「今名刺ない」→死亡
・「何で?」→死亡
・「帰って」→死亡
・「そこ置いといて」→死亡
・「そんなことやってんの?その会社辞めたら?」→確かに
・「この名刺の山みて。ぜーんぶあなたみたいに名刺交換にきた子の名刺」→ひぇ〜

そんなこんなで名刺交換をひたすら2週間続けた。僕もそうだがおそらく参加していた全員が飯食う時間なら名刺欲しいと思い、昼飯はほとんど食べていない。ここまで読んで「お前は馬鹿か?サボればいいじゃん」とお思いの方、反論させてほしい。1日の名刺交換を終えるとすぐ会社に帰り、名刺の数を先輩と共に数えるのだ。そして、各々が何枚獲得できたか、その数字が全社員が見る掲示板に張り出されるのだ。ということは、サボったら確実にバレるのだ。獲得名刺が少ない奴は先輩に詰められる。詰められる際のセリフはこうだ、「今、あなた達新入社員は社会人の知識もなければ、何の経験もない。何が言いたいかというと、全員同じ能力値です。そして、同じ時間をかけて同じこと(名刺交換)を全員やっています。なのに、何でこんなに数に差がでるんでしょうか。他の人より頑張っていない。それだけです。」これ言われると何も言い返せませんでした。こんなにボコボコにされるんですよ?サボれるわけないでしょ。もう家に帰ってもGooglemapで明日のエリアを拡大し、どのように回ろうかを考えてましたし、何やっててもその2週間は「どうしたらより多くの名刺が獲得できるんだろう?」しか考えていなかったです。こんなストレスフルな事してたら、当たり前のようにうつ病っぽくになりまして、電車に乗って名刺交換のエリアに向かう時吐き気は止まらないし、飛び込むビルの前に行くと頭痛がやばいんですよ。名刺交換が終わる夕方5時になった直後が唯一のつかの間の休憩です。その後は集計があるので、数字がよければ天国ですが、悪ければ地獄です。この期間中に体重は4kg落ちて、顔がげっそりしました。ちなみにこの2週間で同期が3人ほど辞めました。「入社2週間で退職?早すぎ!」とお思いの人もいるでしょう。ただ、僕は「辞める気持ちはわからんでもない」と感じました。

次のうつ病は入社1年目ずっと

名刺交換期間後、うつ症っぽさもかなり落ち着き、自分では通常状態に戻ったかなと感じたのですが、そんなことはなかったです。ウチの営業スタイルは新人研修で名刺交換させるくらいなのでゴリゴリのゴリラちゃんスタイルなんですよ。結局、名刺交換の「アポなし飛び込み」が「ひたすら新規の電話営業」に切り替わっただけでした。電話なのでまだ飛び込みよりマシではあるのですが、それでも1日6時間電話しっぱなしはマジで辛かったです。本当に先輩からのクライアントの引き継ぎが1社もなかったです。全部新規で取ってこいでした。他社を見れば他の営業スタイルもあるので一概には言えませんが、「社会人の営業ってマジで厳しいなぁ」と思いました。平日も休日もなんか精気が抜けてしまって・・・。いつもボケ〜とするようになってしまったんです。シャワー浴びたらいつもより髪の毛は抜けるわ、白髪は生えてくるわ、体重は落ちるわ、飯は喉を通らないわ。もういろんなうつ病症状が出ていました。本気で人生で初めて精神科医とやらに行こうか迷いました。もう毎日会社に行くのが嫌で嫌でしょーがなかったですね。平日や土日に友達との飲みの場で会社の愚痴を言ってる自分も嫌だったんですよね。愚痴なんて言ってもこの状況は変わることはないしと感じていました。仕事を一生懸命楽しめていないので、年末年始も家族や親戚と会うのが嫌になるんです。仕事の話になるじゃないですか。嘘ついて「まあ、結構楽しいわ」なんて言っちゃってるんですよ。まあ、そんなこんなで2年目くらいの時に営業以外の部署でポジションが1つ空いて、運よく僕がそこにアサインされました。そこからはかなりうつ病の症状も回復して、個人的にはラッキーな部署異動だったなと感じます。ただ、会社の体制自体はその後も変わることもなく、これ以上愚痴を言ってるくらいなら辞めようと思って親などには止められるのわかっていたので相談せず辞めました。最近までそのこと隠して、その会社を離れて3年経過した頃に親に「実はもう3年前にその会社辞めてるわ」と伝えました(笑)

うつ病から完全回復した現在

その会社を辞めてからはうつ病は完全になくなりました。毎日楽しく仕事ができる幸せを噛みしめております(笑)。もう仕事でうつ病っぽくなったら早めに転職するしか根本的な解決策はない気がします。でも、個人的には新卒でブラックといいますか、めちゃくちゃな働き方が経験できてよかったなと感じております。これが新卒入社ではなく、中途で入社した会社だったらと思うとゾッとします。今の自分の仕事を自信を持って他人に話せない状態の人は何か変えたほうが良いかもしれませんね。おそらく、うつ病ではないですが、精神状態としては決して良いとは言えないと感じます。

本当に退職できない場合は現在は、退職代行サービスなどもございますのでご利用もご
検討ください。