人材会社出身者が書く転職・就職ブログ

人材会社出身の私が転職についてのあれこれを書きます。転職は人生を大きく左右する決断です。このブログが皆様の手助けになれば幸いです。

世に溢れる中途採用向けサービス(求人サイト編)

f:id:yusaku9734:20190522041041j:plain

 

現在、世の中には、膨大な数の中途向けのサービスがあります。

そのサービスはいくつかに細分化できるのですが、今回は「求人サイト」に焦点を当ててお話ししていこうと思います。

「求人サイト」=「求人広告」を指します。

どっちが馴染みがあるのでしょうか。今回は、「求人サイト」で統一しますね。
求人サイトってめちゃくちゃな数あるんですよ。ざっと200くらいはあるんじゃないですか。
人材会社に勤めていたので、どのサイトがどんな特徴をもっているかある程度把握できますが、全部を把握して、使い分けるのは、至難の技です。
私が知らない求人サイトもいっぱいあるのではないでしょうか。

求人サイトとは?

説明するまでもないかもしれませんが、WEBで「転職」と打つとサイトが色々ヒットしますよね?その サイト達のことです。基本はどのサイトも無料で使えます。有料は聞いたことないですね・・・。

総合サイトが主流だった

私が人材会社に勤めていたとき(2017年頃)は、「総合サイト」といわれるものが主流でした。
有名なのは、リクナビネクスト(【リクナビNEXT】で転職!)でしょうか。今は、大泉洋さんがCMしていると思います。大学生なら、就活の際に必ずといっていいほど使用する新卒のサービスのリクナビ中途採用verですね。どちらもリクルートが運営しています。
あとは、マイナビ転職(転職はマイナビ転職-豊富な転職情報で支援する転職サイト

)でしょうか。この2強ですね。あとは、enジャパンやdodaですね。
各サイト、著名人を使って、CMをバンバン放映している印象です。
上記に挙げたサイトは、幅広い求人がのっています。
総合サイトなので、営業、事務、マーケティング、エンジニアなど色んな職種の求人をみることができます。逆にいろいろ掲載がありすぎて、全部見切れない難点もあります。

現在は、専門サイトも出てきている

現在、総合サイトも勿論、顕在いますが、専門の求人サイトも増えています。

・エンジニア専門
・看護師専門
・薬剤師専門
など何かに特化したサイトのことです。
エンジニアやIT専門が非常に多い印象です。
もし、興味がある方は検索で「転職 ○○」と入力してみましょう。
※○○には、興味のある専門分野を入力

求人サイトの基本的な使い方

無料会員登録を済ませ、サイトサイト内にWEB履歴書がありますので、そちらで必要項目を記入しましょう。受けてみたい企業があれば、応募ボタンを押せば、その企業にあなたの履歴書の情報がいきます。
WEB履歴書情報を元に企業の採用担当者が合否をつけます。
それに合格すれば、面接やSPI(学力テスト)などその企業ごとの選考フローへと進みます。

他の企業と並行で応募しても全然かまいません。


むしろ、どんどんしてください。別に並行で受けている情報が漏れることはないので、不利になることもないですし、1企業のみの応募で受かる自信があれば、別ですが、時間がもったいないので、次々にアクションを起こしましょう。


求人の探し方


求人の探し方は人それぞれなので、お任せしますが、よく使われる代表的な機能として、「条件検索」があります。
求人サイト内についており、自分の希望する条件にチェックをつけて検索をかけ、その条件に合った企業を絞りこんでくれます。

条件例)
・土日休み
・家賃手当てあり
・女性比率50%以上

良い企業があれば、お気に入り登録機能がついているので、キープしておきましょう。
サイトによっては、条件を設定しておけば、その条件にあった企業を定期的にメールにて紹介してくれるサービスもありますので、そちらもご活用ください。

スカウトメールについて

サイトを使っていると、スカウトメールが届くことがあるかもしれません。このスカウトメールは企業様から選考にきてほしい候補者に送られるメールです。このメールが来たということは、あなたに興味があると証です。少数に限定して送っている企業もあれば、多数に大量に送っている企業もあることを頭に入れておいてください。ついでに、このメールがきたからといって合格の保証はないので、その点についてもご注意ください。

どの求人サイトがいいのか教えてくれよ

申し訳ないですが、こればかりは各々の相性ですので、ご自身で見つけるしかありません。ただ、初めは、1つのサイトだけではなく、3つほど使用して相性のいいサイトを探してみましょう。同じ条件検索しても、Aのサイトでは出てこないのに、Bのサイトでは出てくる企業もありますので。
右も左もわからない方は、とりあえず有名な総合サイトは1つ登録しておいたらいいのではないでしょうか!

 

では、こんなところでさよなら。